下剤ダイエットで本当に痩せる?その効果とはいかに・・・

巷では下剤ダイエット(便秘薬ダイエット)なるものが密かに流行っているそうです。

ドラックストアで売っている下剤をサプリメントのように常飲して痩せるという手法です。

では、本当に下剤を飲んでダイエットできるのでしょうか。

下剤を飲んで痩せることができるの?

まず便秘症の方であれば、腸内に便が詰まっていますのでその分体重は増えています。

大体1〜2キロの便が詰まっていることが考えられますので、それを排泄すれば1〜2キロの体重減を見込めます。

便秘を一時的に解消するために下剤を使用しても、体重が減る可能性があるということです。

便秘薬はNG

さらに、下剤には食事をなかったことにする効果があります。

下剤を飲むと強制的な排泄力が働くため、食べ物の栄養を吸収する前に下痢としてどんどん排泄してしまうのです。

つまり、下剤ダイエットは強制的に栄養失調状態を作り出すことでガリガリに痩せていくという方法なのです。

下剤を常飲してもいいの?安全なの?

下剤の常飲は、非常に危険です。

一時的な便秘解消でさえも下剤に頼るのは、危険なことです。

下剤(医薬品)を使用すると、中毒性と抵抗性が出現する可能性があり麻薬と同種の危険性があります。

無月経という症状も

中毒性とは、下剤を飲まないとやっていられない・・・という状態になることです。

抵抗性とは、薬がだんだん効かなくなってくることで、効かないから量を増やすという選択をすることになります。

つまり、下剤なしでは毎日生活できない状態となるわけです。

それをダイエットに利用するのは、毒を飲んでダイエットをしようと言っているのと何ら変わりありません。

下剤中毒者の末路

下剤に頼って便秘を解消するのは、非常に簡単に感じるでしょう。

腹痛や下痢になっても、出ないよりはマシと考えているかもしれません。

しかし、まず考えるべきは便を自然に出せる状態にするにはどうすれば良いか?ということです。

下剤を使用するのは緊急時のみという前提で、最初に食事管理や運動を行うのがベストです。

それなのにダイエットしたいから下剤を毎日飲むようにするというのは、明らかに誤った使い方になります。

メタボが進行すると病気に

間違いなく下剤中毒になってしまうでしょう。

下剤中毒者は自発的に便ができなくなり、下剤を飲まなければ一切便が出せない状態になることも珍しくありません。

その依存状態から抜け出せなくなれば、次第に体が弱り病気になります。

そして、最終的には死を招くのです。

まとめ

下剤を使ったダイエットの危険性をお分かりいただけたと思います。

下剤で痩せることができても体調不良、肌荒れ、内臓機能の異常など、普通では考えられないほどボロボロな体になっていきます。

無理やり栄養失調状態を作るわけですから、本当にダイエットするために必要な筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

便秘で死なないように

毎日の暮らしが大変になるほど不健康になりたければやって良いのかもしれませんが、冷静に考えるとそのような方は絶対に居ないはずです。

もし下剤ダイエットに少しでも魅力を感じてしまった・・・という方は、目先の体重減よりも将来の活き活きとした生活のことを考えてください。

長期的な目線を持てば健康的なダイエットを行うことは可能です。

あなたの体を痩せ体質に変えてダイエットできるすっきりフルーツ青汁を使ってみてください。

乳酸菌が含まれているため便秘解消効果も見込むことができます。

>>すっきりフルーツ青汁を4ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

すっきりフルーツ青汁

 

 

   

 - 便秘解消, 女子の悩み解決