こんな使い方では身を滅ぼすアロマのあれこれ!!

 

【こんな使い方では身を滅ぼすアロマのあれこれ!!】

最近、私の周りでアロマにハマっている人が多くなってどのフレーバーが効果があるとか普通に会話の中でもアロマの話が出てくるようになりました。

でも、アロマの扱い方って知っている様で知らない事ばかり!!

今現在ハマっている人から、これから始めたい人までこんな間違った使い方をしていないか??または、何でアロマが有効なのか??などの疑問に答えていきたいと思います。

 

好きでもないアロマを我慢して使っている事はありませんか??

例えば・・・このアロマはリラックスするので有名だとTVで言っていたけど、実はちょっと苦手なフレーバーなんだよね!!

だけど、嗅いでいたらに好きになるかもしれないし・・・

みんながオススメと言っているし・・・

今はガマン、ガマン・・・

これって大変な事になりますよ!!

誰かが良い香りだって紹介していても、自分に合うとは限りません。香りの感じ方には個人差があるんです。

 

苦手な香りを嗅いでいると体調を崩す事も有るんです!!

TVとか雑誌で紹介されたアロマを好きな香りでもないのに使った事のあるあなた、香りの感じ方には個人差があるのを知っているでしょうか??

例えば、「あなたは苦手な香りを嗅いでいて気持ちがアガッテくることがありますか??」と友達に聞いてみたところ「実はちょっと気分が良くない事もあるんだけどでも、雑誌などでこれは良いってススメられているので使い続けているの」という回答が・・・

でも、それって危険なサイン!!

苦手な香りを嗅いでいると体調を崩す事も有るんですよ。

突然ですが、好きな香り・必要な香りは人や日によって違うという事をあなたは知っていますか??

だからこそ、自分にとって良い香りを選ぶ事はとっても重要なんです。

そして、意外な事に好きな香りは結構、日によって変わる事があるんです。

やはり香りは体全身に効果的に働くのでその日に欲している香りが良い香りになるんです!!

 

脳に直接刺激するパターン

1.香りを鼻から吸い込みます。

2.芳香分子と呼ばれる香りの成分が鼻の中にある嗅細胞(きゅうさいぼう)という香りを嗅ぎとる細胞に伝わる。

3.香りの成分は神経線維を刺激して脳に到達します。

4.脳から信号が出て体に様々な反応が起きます。

 

【香りによる期待できる効果】

〇頭がすっきりする

〇リッラクスする

〇イライラが落ち着く など

香りは脳にダイレクトに刺激を与えるのはこれで分かってもらえたと思いますが、記憶に関わる部分にも刺激を与えているようですし・・・

例えば、香りを嗅いで懐かしい記憶が蘇った経験がありませんか??

光景は思い出せないけどこの香りは絶対どこかで嗅いだ事があるなって・・・香りって五感の中で一番脳に直結しているんですよ♪

だから、香りの持つ力って凄いんですよ。

最近では、エッセンシャルオイルの入ったボディーオイルなど良く見かける様になりましたが皮膚からも全身に廻ったりする事をあなたは知っていますか??

芳香成分はとっても小さな分子なのでまず、皮膚に浸透して血管にたどり着き血液が全身に巡る事で効果を発揮するんですね。

 

まとめ

そうやって香りは血液によって全身に巡るからこそ香りの好き嫌いに個人差があってその日に欲しい香りが変る事もあるんですね♪

なので、今は苦手と思う香りがいつか心地よくなる時も来るかもしれないのですよ。

そういう事も有るので苦手な香りも取っておいて日に合わせて今の自分はどの香りが心地いいのか嗅ぎながら使う事が大切なんです。

香りの世界は奥が深いですので色々と試して楽しんでみて下さい!!

 

 

      2016/02/07

 - 女子の悩み解決