糖質制限中でなくても高GI食品を避けたほうが良い理由

糖質制限ダイエットや低インシュリンダイエットというものが叫ばれて久しいですが、糖質というものにはGI値というものがあります。

お酒で言うアルコール度数のようなもので、糖質制限をする際には参考にするべき指標です。

しかし、ダイエッターでなくても高GI食品を避けるべき理由があります。

高GI食品とは?

高GI食品とは、GI(グリセミック・インデックス)という食後の血糖値がどのくらい上昇するかを示した数値が高い食品を指します。

つまり、高GI食品を食べると血糖値が急激に上昇してしまうということです。

血糖値の急上昇

GI値の指標には、高・中・低と三段階あり高GI食品はGI値が70以上のものを言います。(中が56〜69、低が55以下です)

高GI食品は一般的に食されているものばかりですし、これがないと困るという食べ物も含まれています。

完全に食べないようにするのは無理でも極力減らすようにしましょう。

◎日常的になるべく食べるのを避けたほうが良い高GI食品の一例

・白米
・餅
・食パン
・うどん
・ラーメン
・じゃがいも
・ニンジン
・イチゴジャム
・ドーナツ、ホットケーキ
・白砂糖
など

高GI食品を避けたほうが良い理由

上述の通り、高GI食品を食べると血糖値が急激に上昇します。

血糖値が急激に上がるとすい臓からインスリン(インシュリン)というホルモンが大量に分泌されて血糖値を正常に保とうとします。

しかし、正常値を超えて血糖値を下げてしまうため低血糖状態(血中の糖質が足りない状態)になってしまうのです。

それが食後の眠気や倦怠感につながります。

現代人の食生活は、糖質過多と言えるくらい偏ったものになっているため、血糖値の急上昇と急降下を毎日繰り返していることになります。

糖質過多な食事

インスリンの大量分泌が習慣になるとインスリンが過剰に分泌されるようになったり、逆にすい臓を酷使し過ぎてインスリンが分泌されなくなるため、糖尿病になる危険性が高まるのです。

さらに運動不足や肥満などが重なることによってますます糖尿病になるリスクは格段に高くなります。

糖尿病を予防するためには、高GI食品を避けて血糖値の上昇を緩やかにすることが重要です。

高GI食品は太る原因

健康なうちからすい臓を休ませてあげてインスリンの分泌を少なくしていれば、糖尿病のリスクは減ります。

お酒を控えて肝臓を休ませてあげることで病気を防ぐのと一緒です。

そして、インスリンは肥満ホルモンとも呼ばれていて、急激に上昇した血糖値を下げるために血液中の糖質を脂肪に変換して体に溜め込んでしまうのです。

脂肪を溜め込む

糖質制限ダイエットや低インシュリンダイエットで痩せるのは、そのためです。

私たちは高GI食品を主食にする生活から、低GI食品を主食にする生活にシフトする必要があります。

まとめ

私たちが病気をせず末長く健康でいるためには、高GI食品から低GI食品に早急に切り替えが必要です。

白米から玄米、食パンから胚芽パンというように高GI食品を避けるようにしてください。

特に現状太り気味の方はインスリンの働きを妨げやすく、インスリンの抵抗性が出やすいです。

インスリンの抵抗性とは、インスリンがきちんと出ているのにもかかわらず効かなくなるという症状です。

まずは糖質制限を行うか、高GI食品を卒業しましょう。

糖質を正常に代謝するには、腸内細菌が重要だと言われています。

乳酸菌革命という乳酸菌サプリメントを活用して、腸内に直接善玉菌を送り込みましょう。

>>善玉菌のチカラを3ヶ月使ってみた体験レビューをみる

 

善玉菌のチカラ本体

 

 

      2016/08/12

 - 糖質制限ダイエット