BMIの落とし穴と体脂肪率

肥満を表す指標はいくつかあり、中でも体脂肪率やBMIというものが有名です。

最近の体重計は、体重だけでなく体脂肪率やBMIを計測できるものが普通になってきました。

体脂肪率は男性だと25%以上、女性だと30%以上で肥満だと言われています。

BMIは男女共に25.0以上が肥満です。

メタボリックシンドローム

家庭で簡単に計れるため、自分が肥満かどうかすぐにわかってしまいます。

私もやっとこさ日本人標準の22.0になりました。

今回は、体脂肪率とBMIという2つの肥満指標に関するホントとウソについてお話しします。

体脂肪率とBMIの違い

体脂肪率とBMIは、全くの別物です。

体脂肪率は体重1キロあたりどれくらいの脂肪がついているかを計測したもので、BMIは身長の2乗÷体重で算出します。

なので体重計でBMIを計る場合、事前に自分の身長を登録しておく必要があるのです。

しかし、BMIについて注意したいのは体脂肪の量に焦点が当たっていないということです。

メタボ対策しましょう

身長の2乗と体重で計算するだけなので、脂肪の量や筋肉の量、内蔵の重さを度外視した数値になります。

筋肉が多い影響で体重が重ければ、BMIの数値は高くなるのです。

つまり、BMIでは正確な肥満度を計ることはできないと言えるわけです。

世間的にもダイエットと言えば体重を落とすことに焦点が当たりますが、「体重が重ければ肥満」というのは単なる勘違いです。

BMIのウソ

上記でBMIの数値を計ってもあまり意味が無いということをお伝えしましたが、BMIは健康診断でも使用されている肥満指標ですので全く当てにならないということではありません。

大体の目安として使う分には、悪くありません。

しかし、小学生でも思いつくような計算方法であり、言ってみれば雑な肥満測定基準であることは確かです。

子どもの頃から太ってる

BMIは肥満度の国際基準となっていますが、体脂肪の量に焦点が当たっていないため正確な肥満度を測定しているとは言えないのです。

そのせいか肥満体国のアメリカでは、BMIは不人気の指標だそうです。

健康診断で「ふとりぎみ」と言われても、まず見るべきは体脂肪率です。

体脂肪率は、あなたが本当に肥満なのかを言い当てる指標として使用できます。

相関する体脂肪率とBMI

基本的に体脂肪率とBMIは切り離して考えた方が良いです。

体脂肪率は使える指標、BMIは使えない指標と割り切ってしまっても良いでしょう。

しかし、海外には体脂肪率とBMIに相関関係があると言っている人も居るそうです。その計算式もあるみたいです。

そして、小規模な研究データですが日本でも体脂肪率とBMIには「少しだが相関がある」と結論付けている人も居ます。

緩やかに減らす

でも、私が毎日計測している感じだと相関は感じられません。(かなりザックリですが)

体重が増えればBMIは上昇し、体重が減ればBMIは下降するのは絶対なのですが、体脂肪率の上下で連動している印象は全くありません。

ここは、シンプルに考えてダイエットの指標を体脂肪率一本に絞っても良いと思います。

体重やBMIの減少はおまけということにしておくと、体重を減らすだけの無意味なダイエットに走らなくて済むはずです。

まとめ

ウォーキング前のストレッチ

ダイエッターの中には、体脂肪率だけなかなか下がらないという方も珍しくありません。

体脂肪率を下げるには、体脂肪を燃やすことと筋肉量を増やすことのどちらかです。

どうしても体脂肪率が下がらない場合は、少しハードルが高くても運動することをオススメします。

あくまでも体重やBMIを減らすだけでは、キレイなモデル体型にはなれないと覚えておきましょう。

体脂肪をきちんと燃焼して痩せたいという場合、運動とアミノ酸サプリを併用すると非常に効果的です。

三黒の美酢というサプリは、必須アミノ酸を補給しつつダイエットにも貢献することができる優れたサプリメントです。

私も三黒の美酢を使用して1ヶ月で体脂肪率マイナス1.2%を達成しました。

>>三黒の美酢を1ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

三黒の美酢本体

 

 

      2016/06/07

 - メタボ解消