糖質制限ダイエットで痩せないときにやった3つのこと

糖質制限ダイエットは、正しいやり方で行えば比較的痩せやすいダイエット方法です。

しかし、誰でも簡単に痩せるとは断言できませんし人それぞれ相性があるはずです。

糖質制限で痩せても途中で停滞期が来て、急にダイエットにブレーキが掛かる事も多いです。

私も糖質制限ダイエットを実践した際、どうやっても痩せない時期がありました。

その痩せない時期をどのように過ごすのかが重要です。

今回は、糖質制限で痩せられないときに試してほしい3つのことを紹介します。

これらは私が糖質制限で痩せなかった時期に実際に行ったテクニックです。

1.19時前に夕食を終えるようにした

お仕事や家事が忙しいと夕食の時間がどうしても遅くなってしまうことがあると思います。

しかし、夕食は19時までに終わらせるようにしましょう。

せめて20時以降は完全に何も食べないようにしてください。

19〜20時頃は毎日職場で仕事していますという人も少なからずいるでしょうが、夕食を早めに済ませるに越したことはありません。

これはダイエットに限らず、健康面においてもです。

栄養バランスも取りやすくダイエットにもいい

夜は1日の中で一番脂肪が蓄積しやすい時間帯です。

なるべく19時までに夕食は終わらせて、夜食は一切食べないでください。

夕食がどうしても19時以降になってしまう人は、朝食と昼食をしっかり食べるようにして夕食は野菜またはフルーツだけにするなど工夫しましょう。

ちなみに私は栄養バランスの取りやすい鍋物を夕食に何度もやりました。

食物繊維がたっぷり摂れて作り置きができるため重宝するのですが、食べ過ぎないように注意してください。

2.腹八分目までの徹底

糖質制限ダイエットは糖質以外なら何でも食べ放題という話を聞いていたため、最初は量を気にせず満腹になるまで食事をしていました。

しかし食べすぎれば当然腹に溜まります。

私たちが活動するために摂取すべき栄養素は意外と多くありません。

ベジーデルで体質改善

不足しやすい栄養素は確かにありますが、量としては案外微量でも人体に良い影響を与えてくれます。

つまり栄養は沢山摂れば摂るだけ良いということではないのです。

糖質制限で糖質を減らした分をたんぱく質や食物繊維で補う必要はありますが、食べる量をそんなに多くせず腹八分目でOKです。

3.筋トレを導入した

ダイエットするには筋トレも必要

今まで筋トレを続けたことのない私ですが、週に3〜4日程度の筋トレを続けるようにしました。

痩せない原因が基礎代謝にあるのではないかと考えたためです。

それに糖質制限中は筋肉が落ちやすいということもあるので、気合いを入れて筋トレをやってみました。

メニューは超基本の腹筋、背筋、腕立て、スクワットです。

回数は1日各30回としましたが、腕立て伏せが異様なほどできなかったため基本的にはダンベルを使って腕の筋力アップを図りました。

あとインナーマッスルを鍛えるためにプランクというトレーニングも行いました。

プランク
↑プランク(出典:ダイエット・リサーチ

最初は30秒この姿勢をキープして、慣れてきたら徐々に時間を延ばしていくという方式です。

そんなに沢山の筋トレはハードルが高いという方は、スクワットを10回だけでも行いましょう。

基礎代謝の低下は太っている人であれば誰でも考えられることなので、なるべく実践してほしいのですが続かなければ意味がありません。

太っていればいるほど、運動不足であればあるほど運動をやり始めるのは辛いことですし、体への負担も大きいため怪我の原因になります。

無理せずにできることからやってみてください。

まとめ

私は糖質制限を開始して約1ヶ月間効果が出ずに悩んでいました。

ダイエット停滞期に入っていた可能性が高いのですが、今回紹介した内容を思考錯誤しながら繰り返していた結果スルスルと痩せる体質に変化したのです。

筋トレが難しいなら、ウォーキングのような簡単な運動を習慣付けるのも効果的だと感じています。

運動の際はアミノ酸サプリメントを活用することによって、体脂肪の燃焼効率を最大限高めることが可能です。

三黒の美酢というアミノ酸サプリメントであれば初回半額でお試し可能です。

ダイエットのスピードを加速させましょう。

>>三黒の美酢を1ヶ月試したみた詳細レビューをみる

三黒の美酢本体

 

 

      2016/07/20

 - 糖質制限ダイエット