妊娠中の便秘を治すには?

妊娠中は便秘になりやすいとよく言います。

実際に便秘に悩まされている妊婦さんはたくさんいらっしゃいますし、妊娠中は体のバランスが崩れやすいためなかなか解消に向かわないという話もよく聞きます。

では、どのように妊娠中の便秘を解消すれば良いのかについてお話しして行きます。

なぜ妊娠中は便秘になりやすいの?

妊娠中、お母さんの体はお腹の中の赤ちゃんを守るために変わって行きます。

子宮を動かないようにするために腸のぜん動運動を弱めたり、赤ちゃんのために体内の水分を保とうとしたりするのです。

水分を体内に保つということは、便を柔らかくするほうに水分が回らないため便秘になりやすいということになります。

プラセンタ

赤ちゃんにもへその緒から水分や栄養を送らなければ行けないのでお母さんの体は、栄養不足と水分不足になりやすいのです。

妊娠初期には、つわりなどの慣れない症状がたくさん出てきますのでかなりのストレスが掛かります。

さらに運動不足にもなりやすいため体の健康バランスが崩れやすいことも便秘になりやすい原因です。

お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると骨盤が歪みやすくなり、腸も圧迫されてしまいます。

妊娠中は様々な影響が重なりとても便秘になりやすい時期なのです。

妊娠中の便秘を治す方法

妊婦さんはどうしてもツラいことが重なってしまいますが、人によってその程度は違います。

もともと便秘体質の方であれば、妊娠中も便秘になりやすいということが言えます。

ですので、便秘体質の方は余計に便秘を治すことを考えましょう。それが赤ちゃんへの負担を失くすことにもつながります。

健康体で生まれてきてね

かといって便秘薬や下剤を使うのは絶対にやめてください。お腹の赤ちゃんに悪い影響を与える可能性がありますし、医師に相談するのが優先です。

まずは普段の生活から改善して行って、お腹の中の赤ちゃんに悪影響がないということであれば積極的にチャレンジしてみてください。

栄養の多い食事をとる
水分補給を欠かさない
体を冷やさないようにする
散歩をするなど軽度の運動をする
睡眠不足に気をつける
骨盤ベルトをつける
など

以上のようなことに気を配り体をケアする必要があります。

赤ちゃんのためにも栄養の多い食事をとることは絶対ですが、便秘にならないように積極的にとりたい食べ物も存在します。

乳酸菌を多く含むヨーグルトや納豆を夕食時に食べましょう。ヨーグルトはオリゴ糖をかけて食後のデザートにするとベストです。

ヨーグルトで乳酸菌を

乳酸菌の多くは胃酸で死滅してしまうため最大限の効果を得るためには胃酸が薄まっている食後がベストなのです。

そして、有名だと思いますが食物繊維も便秘に効果的です。

野菜や果物に豊富に含まれていることはもちろん、こんにゃく、きのこ、海藻などにも豊富に含まれています。

栄養バランスを考えた食事が一番だということになりますね^^

高カロリーのため食べ過ぎ注意ですが、グラノーラ系のシリアルも食物繊維が豊富です。

食物繊維たっぷりなグラノーラ

さらに水分補給にも気をつかいましょう。

体を冷やさないように常温や白湯を飲んでください。1日2リットルを限度として水分補給が望ましいとされています。

体の負担にならない程度に湯船に浸かることも有効です。

あとは、体をなるべく温めながら軽い運動を週に数回行うことが大切です。

まとめ:便秘解消に向けて

上にも書きましたが、便秘薬や下剤など薬の使用は絶対にやめましょう。

医薬品のほぼ全てに副作用がありますので、何が起こるか分かりません。

なるべく食べ物を変えたり日常生活の中でできることにスポットライトを当ててくださいね。

どうしても治らないという場合は、薬ではなくかかりつけの医師に相談しましょう。妊婦さんは便秘になりやすいわけですので、決して恥ずかしいことではありません。

善玉菌のチカラで妊婦さんのサポート

まずはご自身でできることをやってみてください。

次にサプリメントに頼るというのも一つの手段です。

サプリメントは医薬品ではなく健康食品なので妊婦さんでも飲んで大丈夫なものがたくさんあります。

フジッコが出している乳酸菌サプリメント・善玉菌のチカラは妊婦さんでも飲むことができるものです。

妊娠中に便秘薬を使うのではなく医師に相談しながらナチュラルに便秘解消できるように目指して行きましょう。

>>善玉菌のチカラを3ヶ月使ってみた詳細レビューをみる

善玉菌のチカラ本体

 

 

      2016/05/25

 - 女子の悩み解決 , , ,