ダイエット時に感情をコントロールする方法

ダイエットの挫折はほとんど感情のコントロールができないために起こります。

体調不良での中断なら仕方ありませんが、「食べたい・ダラけたい・やりたくない」気持ちに負けてしまう事は多いですよね。

今回は、ダイエット時の感情のコントロール方法についてまとめます。

これを読み終えた後、あなたは生まれ変わったようにダイエットを始められます。

感情コントロールの前提

まず最初に知って欲しいのが、「感情はコントロールできない」ということです。

これでは冒頭で話が終わってしまいますが、本当に感情はコントロールできません。感情が湧きあがったら最後だと思ってください。

では、どうすればいいかというと悪い感情が起こらないようにすればOKです。

「お菓子を食べたい」と思う前に手を打ちます。

「ダイエットやめたい」と感じる前に土台を作ってしまうのです。

まずは大切な考え方から叩き込んでください。

a.週に1日は何でも食べていい日を作る

お菓子は控えよう

我慢の連続では挫折が早まります。

ダイエットを継続するには自分の感情にしっかり寄り添っていたわってあげる必要があるのです。

週に1回は解禁日を作ってガス抜きをしましょう。曜日を決めてしまうのがいいです。

b.食べないではなく食べるにフォーカスする

野菜を食べよう

意外ですが何かを「食べない」ことに注意していると余計に食べたくなります。

逆に何かを「食べる」ことを考えていた方がいいです。

例えば、野菜サラダを多めに食べようとか、今日の夜はリンゴを食べようとかです。

「お菓子を食べないようにしよう」「炭水化物を減らそう」と考えるとどうしても食べたくなってしまいます。

体にいいものやダイエットに効果的な食材を「食べる」ことを考えてましょう。

c.お菓子を見ないようにする

お菓子を見れば感情が湧きだして止められなくなります。

私はコンビニに行かないとかスーパーのお菓子売り場に行かないという方法を取ってダイエットを成功させました。

お菓子やジュースを思い出さない状態を作るのです。

お菓子やジュースを家に買い置きしないことも大切です。思い出した時に絶対に手を伸ばしてしまうからです。

週に一度の解禁日だけお菓子やジュースを買ってその日のうちに食べきってしまってください。

d.周りの人に協力してもらう

家族や友人、同僚が目の前でお菓子をパクパク食べていたらどうでしょう。こっちまで食べたくなってきます。

周りの人には「今ダイエット中だからお菓子を私に見せないで!」と言い回ってください。それが恥ずかしいなら自分から見ないように努力しましょう。

e.自分なりのやり方を見つける

ダイエットといっても様々な痩せ方があります。しかし継続できないのは自分に合ったやり方でないからです。

ダイエットを大きく分けると「食事コントロール型」と「運動型」があります。まず自分がどちらのタイプなのかを見極めてください。

運動が面倒臭くて絶対に続かない人は、食事コントロール型のダイエットをやる必要があります。

それを判断する時に頭で考えて決めるのはNGです。慣れていない運動でもやってみたら案外続くということがあります。

ウォーキング前のストレッチ

実際にやってみて判断するしかありません。

運動でもウォーキングから水泳、バスケットボールなど様々です。

少しキツくても個人競技が続けやすい人もいますし、ゆるく楽しみながらできる団体競技が続けやすい人もいます。

運動が本当に無理なら食事を変えるダイエットが向いています。食事コントロール型もカロリー制限、糖質制限、朝食抜きファスティングなど種類があります。

あなただけのダイエット方法が必ずあるのです。

探してください。

f.じわじわダイエットする

短期間で一気にダイエットする人が多いですが、人の体の構造上無理です。無理をして短期で痩せると痩せにくく太りやすい体質になるなど弊害が出てきます。

3ヶ月以上かけてつけた体脂肪は3ヶ月以上かけて落とす必要があります。

期間を決めずに自分の納得のいくスタイルまで絞ってもいいでしょう。決して急がずに痩せることが前提です。

痩せ過ぎも厳禁です。ガリガリはまったく美しくないスタイルです。

1年後には見違えた体型になる簡単ステップ

体に負担をかけないこと

そもそも感情のコントロールは不可能であるため、変な感情が起こらないようにすることが大切でした。

合わせて、あなたのダイエット方針(ルール)をきちんと決めて最後まで守ることで、迷わずにダイエットを進めることができます。

ここで紹介するステップを踏めば徐々にダイエットに慣れて1年後には見違えた体型になることができるはずです。

順番にやってみてください。

STEP1:まず500グラム痩せると決める

まずは今の体重から500グラム引いた体重を目指してダイエットしましょう。

500グラムだと誤差の範囲なので、何もしなくても500グラム減っている日があります。なので1日だけでなく1週間通して500グラム減った状態を保つようにしてください。

これを1ヶ月以内に達成します。

毎日体重計に乗って、その月の平均体重が最初測った体重よりも500グラムマイナスであればクリアとすると計算が簡単です。

500グラムが無理そうなら300グラムでもいいです。

体脂肪率は0.2〜0.5%くらい減っていればいいでしょう。

STEP2:さらに500グラム痩せる

次の月にさらに500グラム痩せた状態をキープします。

ポイントは日々の体重の増減を気にしないことです。その時の状態によって体重と体脂肪率は変化するため、多少増えていても誤差です。

その月の平均値を計算して痩せているかどうか判断するのが一番わかりやすいと思います。

月末まで待てない方は週ごとに平均をとって記録しておくのがオススメです。

STEP3:上記ステップを繰り返す

急激に痩せるのは体に良くありませんし挫折の大きな原因です。

ちょっとずつ痩せることを意識すれば断然ダイエットしやすくなります。

無理をするポイントが圧倒的に少ないため、精神的にも負担になりません。

感情がビクビク動くこともほぼないでしょう。

まとめ

感情のコントロール方法とタイトルにありますが、「感情はコントロールできない」のです。

いくら我慢しても次の日にはまた同じ感情に襲われます。

どんどん精神力がすり減ってストレスがかかり、最終的には挫折につながるのです。

ダイエットに挑戦する多くの人がこれに気づいていません。

無防備だから失敗します。

ダイエットに適さない感情が起こらないように前もって計画して準備することが大切です。

ダイエットのお供に最適な「すっきりフルーツ青汁」を飲んで、長期間のダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

>>すっきりフルーツ青汁の4ヶ月間体験レビューをみる

すっきりフルーツ青汁

 

 

   

 - 痩せるための体質改善