ダイエット中に必ず訪れる停滞期の抜け出し方

ダイエット中に訪れる停滞期は必ず抜け出すことができます。

しかし、停滞期が訪れるせいで挫折してしまう人も多く停滞期はダイエットの難所と言ってもいいでしょう。

停滞期が訪れるのはホメオスタシスという体の生命維持機能が働くため。

つまり、停滞期が来るということは着実にダイエットが進んでいるということであり自分の体が正常に動いていることを証明するものなのです。

まずは肩を落とさず停滞期を抜け出すことを考えて行きましょう。

停滞期は来たほうがいい

ダイエットをすると蓄積されていた脂肪が燃えて行きますが、私たちの体にとって脂肪は緊急時のエネルギー源として使われる重要なものです。

たとえ過剰に付いていた脂肪であっても緊急時のエネルギーが減少してしまうと体は「生命の危機が近づいている」と勘違いしてしまいます。

そうするとホメオスタシスという機能が働き出して脂肪が燃焼されないように制御してしまうのです。

ダイエッターにとっては迷惑な話ですが、体が正常に動いている証拠でもあります。

そして、脂肪の燃焼が順調であるという証拠でもあるのです。

気を落とさずにダイエットは着実に進んでいたんだということを自覚しましょう。

決してあきらめずそれまでと同じようにダイエットを継続することです。

一気に痩せすぎると訪れる停滞期

生命維持機能が働くのはそれだけ急激な体重の減少や体脂肪の燃焼が行われたときです。

一気に痩せようと気合いを入れて過度な食事制限を実行したりすると、体は栄養素の供給が絶たれたと認識してホメオスタシスを発動させます。

無駄な体脂肪を多く蓄えている人ほどダイエットをし始めると急激に痩せたりしますが、1ヶ月で3〜4キロ痩せてしまうような人は注意が必要です。

その後ある一定期間、痩せなくなる期間を迎える可能性が大きいです。

ホメオスタシスを発動させないようにダイエットできると良いですが、それぞれ体質も異なりますから簡単ではありません。

ダイエット停滞期を抜け出すには

停滞期を迎えたら焦らずダイエットを継続することが重要ですが、停滞期を抜け出すためのポイントがいくつかあります。

だいたい2週間から1ヶ月程度で停滞期を抜け出すことができると言われていますので、あきらめずに踏ん張りましょう。

【停滞期の抜け出し方】

・常にゆるやかなダイエットを意識する
・食事の栄養バランスを整える
・筋力を落とさないようにする
・たまに過剰なエネルギー供給(暴飲暴食)をしてみる

基本的にはダイエットを継続することによって自然と停滞期は解除されます。

しかし、いち早く停滞期を終わらせるために上記の項目を守ってダイエットを継続してください。

食事制限、糖質制限を行っている場合は筋力の低下に注意しましょう。

そして、たまに暴飲暴食をしてみてください。

体脂肪は減ってるけど食べ物はしっかり食べられる環境に居るから大丈夫だよと体に教えてあげることで、ホメオスタシスの活発化を抑えることができます。

これは私の経験ですが、暴飲暴食をした翌日体重が落ちていることが頻繁にありました。

つまり、たまには贅沢とか息抜きがてら好きな物をたらふく食べてもOKなのです。

2週間に1度くらいはそんな日を作ってみてください。

しかし、暴飲暴食が連日続くようだと当然太ってきてしまいますのでご注意を。

まとめ

停滞期が訪れるのは体が健康な証拠ではありますが、体重が落ちなくなる期間はダイエッターにとってツラいです。

体重を2キロ(または現体重の5%)落とすごとに停滞期はやってくるという話もあるので、適度に暴飲暴食を行ってホメオスタシスをリセットすることも作戦のひとつだと思います。

しかし、一番大切なのは停滞期が来てもダイエットを継続するということですので肝に銘じておきましょう。

ダイエットを継続する際にそのお供として役立つのがすっきりフルーツ青汁というダイエット青汁です。

フルーティでとても飲みやすく痩せるための体質改善に適した青汁になっています。

ぜひチェックしてみてください。

→あきらめないダイエットを始める「すっきりフルーツ青汁」詳細をみる

すっきりフルーツ青汁

 

 

      2016/04/24

 - 痩せるための体質改善 ,