冬の乾燥肌を防ぐコツ

 

【冬の乾燥肌を防ぐコツ】
寒い季節になると乾燥肌に悩む人は多くなります。
お風呂から上がった後に何もしないと、身体から粉が出る程に重症化する人もいます。
これって老化現象なのかどうかが気になっている人もいるみたいですが、先に答えを言ってしまうと、
特に寒い冬の季節には乾燥しやすいので老化現象ではありません。。

多くの人がなりやすいので気にしすぎる事はないのですが、当の本人にとっては気になりますよね。

冬の乾燥肌の原因追及。

まず、冬の季節は・・・

〇湿度が低く、肌の水分がどんどん奪われる傾向にあります。
〇肌の水分不足が進むと肌の皮脂を作る力が弱くなります。
〇寒さにより肌を守る皮脂膜の働きも低下してしまいます。

このような事は結構知られていませんが、
肌はどんどん乾燥し厚く硬くなってしまうのでシワやタルミが目立つ様になってしまうのです。
だから寒い季節こそケアが必要なのです。

 

乾燥肌、お風呂でのチェックすべき事は。

お風呂の温度と体の洗い方の2点になります。

①お風呂の温度

熱いお風呂の注意点

〇血行を良くするのには有効ですが、長い時間の入浴は要注意。
〇肌に必要な皮脂や潤いを流してしまいます。

つまり、熱いお風呂により肌の乾燥が進んでしまう事があるんです。

だから私は温めのお湯にゆっくり浸かるのをオススメしています。

②体の洗い方

お風呂で体を洗う時にはゴシゴシと強くこすって洗わない事も大切です。

ゴシゴシと洗うのが悪い点としては、
〇皮脂を取り過ぎたりしてしまうこと。
〇肌が荒れやすくなり、かゆみが出やすくなること。

だから、たっぷりの泡で優しく洗う事をオススメします。

そして・・・
お風呂上りにはしっかり保湿を忘れない様にしましょう。

 

お風呂上がりのお手入れのやり方

お手入れの順番としては、

①顔のお手入れ
 顔は皮膚が薄い為イチ早くケアをしてください。
②ゆっくりとボディーケア
 この時はお肌を慈しむ様に丁寧に化粧水を全身に伸ばしてあげましょう。

ボディーミルクの使い方としては、

①手先足先などの先端からゆっくりミルクを馴染ませましょう。
②ひじ・ひざ・かかとは集中的にミルクを塗りましょう。

以上、私が気を付けている乾燥肌対策でした。

 

間違えだらけの、肌にご褒美保湿クリーム使い。

これは私が昔皮膚科のドクターに注意を受けた事をお話しします。

「保湿クリームを使って良い事はない。」

つまり、多くの保湿クリームと呼ばれるものには、尿素が入っています。
尿素は細胞を破壊する薬なので保湿クリームは使うべきではありません。
選ぶとすれば、尿素の入っていない保湿クリームか白色ワセリンで充分です。

もう少し詳しくお話しすると、
尿素は角質層などの重要な組織を形成する「ケラチン」を破壊して細胞内の水分を引っこ抜き乾燥肌を誘発させます。
肌に良かれと塗っている保湿クリームが乾燥肌より悪くするとは皮肉なものですね。

思うに、化粧品メーカーの人であれば絶対こんな真実は口が裂けても言えません。

 

まとめ

冬の乾燥肌対策はぬるま湯にゆっくり浸かり体は強く洗わない。
そして、お風呂上がりのお手入れのやり方を間違えなくすれば、効果は出てくるものと思います。
良かったら試して下さい。

 

 

   

 - 女子の悩み解決