すっきりフルーツ青汁でより早く便秘解消するための秘訣

 
【すっきりフルーツ青汁でより早く便秘解消するための秘訣】
 
ファビウスのすっきりフルーツ青汁は、便秘解消にかなり向いている青汁で評判もかなり高いです。
 
今回は、すっきりフルーツ青汁でより早く便秘解消に向かうための秘訣を説明します。
 
すっきりフルーツ青汁
 
 

栄養素を吸収しやすい体を作る

すっきりフルーツ青汁には、豊富な栄養素が含まれているのは紛れもない事実です。
 
しかし、体質的に栄養素の吸収が上手く行われないと意味がありません。
 
すっきりフルーツ青汁を飲み続けることで少しずつでも体質が改善するのは間違いありませんが、体質改善のスピードを上げるためには生活習慣に気を配ることが大切です。
 
◎栄養の吸収率をアップさせる生活習慣
・質の高い睡眠
・運動する
・水分補給をする
・体を温める
・油物を控える
・ストレスを溜めない
・ファスティング(プチ断食)を行う
 
栄養を効率よく吸収させるには、腸を正常に動かすことが必要です。
 
月に1〜2回ほどすっきりフルール青汁を活用したファスティング(プチ断食)を行うのも非常に効果的でしょう。
 
 
 

乳酸菌と酵素のパワーを活かす

すっきりフルーツ青汁には、乳酸菌と酵素がたっぷりと含まれているため腸内環境の改善、体質の改善に非常に役立ちます。
 
しかし、普段の食事でも乳酸菌と酵素を意識した食事を取ることができるのです。
 
酵素ダイエット
 
乳酸菌を取るには、ヨーグルトや納豆やキムチを食べることです。
 
酵素を取るには、生野菜サラダや果物や刺身などの生の食べ物を食前に食べるということです。
 
前菜に生野菜サラダを食べて、食後のデザートにヨーグルトを食べるなど非常に簡単なことで乳酸菌と酵素を取ることができます。
 
食べる順番を意識することで消化も良くなるため、便秘解消には非常に効果的です。
 
◎食べる順番で意識する点
・生のもの→加熱されたもの
・野菜→肉、魚→炭水化物
 
 
 

自律神経を整える

自律神経には、活動するときに使う交感神経とリラックスするときに使う副交感神経というものがあります。
 
腸が活発に働くのが副交感神経が活発になっているときなので、自律神経のバランスが乱れると便秘になりやすいのです。
 
運動不足、睡眠不足、ストレス過多、ホルモンバランスの乱れ、体内時計の乱れが、自律神経の乱れにつながってきます。
 
ダイエット中
 
交感神経が活発になる昼間と副交感神経が活発になる夜間のメリハリを付けるということはもちろんのこと、ストレスが掛からない環境づくりまたはストレスを発散しやすい環境の確保が大切です。
 
ストレス(自律神経の乱れ)が原因で便秘になっているのだとしたら、いくら乳酸菌と酵素を取っても効果はありません。
 
一定の生活リズムを作り、十分な運動と睡眠を取り入れることで便秘が解消に向かうこともあります。
 
まずは自分でできることから始めてみましょう。
 
 
 

まとめ:すっきりフルーツ青汁を飲むだけでも…

便秘
 
今回、すっきりフルーツ青汁を使って便秘を解消するためにできることを説明しましたが、すっきりフルーツ青汁を飲むだけでも便秘解消効果があるという口コミは多いです。
 
ひどい便秘症でも毎日1杯飲んでいれば出やすくなるということで、非常に評判は良い青汁となっています。
 
しかし、誰が飲んでも同じ効果が現れるとは限りません。
 
今回説明したことを意識して生活すればより便秘解消に近づくことができると思います。
 
 
 
 
 

   

 - すっきりフルーツ青汁特集!!