夏太りの原因って一体何?

夏こそ痩せたい季節なのに、夏太りして困っていませんか?

夏太りには明確な理由があります。

対策をきちんと考えて夏太りしないようにしましょう。

夏は太りやすい季節!?

激太り!?

夏太りとは、その名の通り夏に太ってしまうことです。

特徴としては、特に食べ過ぎているわけでもないのに太ってしまいます。

暑さのため水分補給をしっかり行っており、汗もかいている。

それでも太ってしまうのです。

夏は体脂肪が燃焼されやすいような印象を持っている人も多いはずです。

なのになぜ夏太りというものが存在しているのでしょうか。

夏太りの原因

基礎代謝の低下による夏太り

夏太りの一番の原因と言われているのが、基礎代謝の低下です。

夏は暑いから基礎代謝は低下しないのでは?というのは勘違いで、夏だからこそ基礎代謝の低下が起こります。

気温が上昇し体温に近くなるため、基礎代謝が働かなくても体温を一定に保てるのです。

つまり何もしなくても体に異常が見られないため、基礎代謝がサボってしまうと考えてください。

ホルモンバランスが崩れやすい

逆に職場などで常に冷房に当たっている人は、体を冷やしすぎて基礎代謝能力が低下してしまっています。

特に冷房は自律神経を乱すため余計に基礎代謝の働きにくい体質になってしまいます。

冷たい飲み物や食べ物を頻繁に口にする人は注意してください。

暑すぎるのも冷やしすぎるのも問題があるので、それぞれに合った対策が必要です。

糖質の食べ過ぎによる夏太り

夏場は非常に糖質過多になりやすい季節です。

食事は涼しげなうどんやそば、そうめん、冷やし中華などで済ませる日が多くなるのではないでしょうか。

さらに暑いからと冷たいジュースやアイスクリームなどを食べることが多くなるはずです。

アイスクリームダイエットなら高脂肪のものを

炭水化物と砂糖の摂りすぎに注意してください。

最近だと糖質の含まれていないコンニャク麺が売られていますし、十分な水分補給は必要ですがジュースでの水分補給はNGです。

汗のかきすぎによる夏太り

汗のかきすぎで問題なのが、体脂肪燃焼に必要なビタミンとミネラルが流出してしまうことです。

汗をかくことは悪いことではありませんが、汗をかけばダイエットになるわけではありません。

体温調節のために汗をかいて体を冷やそうとしているだけです。

ホルモンバランスの乱れ

きちんと水分補給とビタミン、ミネラルの補給をできればいくら汗をかいても問題ありませんが、脱水症状やミネラル不足で熱中症になる可能性があります。

小まめに水分補給をして梅干しなどでミネラル分を補うようにしましょう。

ただ暑さに任せて汗を垂れ流し続けるのは、体にもダイエットにも良くないのです。

汗を全くかかないようにするのは不可能なため、失った分を補給することで通常通り脂肪の代謝を活発に行ってくれます。

運動不足による夏太り

スロートレーニング

暑すぎると動きたくなくなるのは人の性かもしれません。

しかしそういう人は冬も寒いから動きたくないと考えます。

運動すれば汗をかくため、夏場は水分とミネラルをしっかり補給しながら運動を行いましょう。

じっとしていれば脂肪は溜まっていく一方です。

基礎代謝もなかなか上がらない状態を作ってしまうため、軽い運動で良いので習慣付けてください。

まとめ

暑い時は冷たい飲み物をゴクゴク飲みたい、エアコンの風をずっと浴びていたいと思うかもしれません。

近年気候変動のためか過剰に暑い夏が続いています。

涼しい方が楽なのは認めます。

しかし夏場も上手に活用すれば良いダイエットシーズンにすることが可能です。

体脂肪の燃焼効率を高めたい人は、「三黒の美酢」というアミノ酸サプリメントを活用してみてください。

運動の30分前に飲むことで体脂肪の燃焼効率が格段に高まります。

軽度の運動でも効果があります。

>>三黒の美酢を1ヶ月間使ってみた体験レビューをみる

三黒の美酢にんにく

 

 

   

 - メタボ解消