半身浴の正しいやり方!体を温めるススメ

半身浴は体を温めるのに最適で、夏場は冷房病対策にもなります。

さらには体を痩せやすい体質に変えるということで、非常に素晴らしい効果を得ることができるのです。

半身浴を習慣化させてダイエットにも役立てましょう。

半身浴の正しいやり方

バスルームの換気扇を切る(室内をサウナ状態にするため)
 ↓
38〜40度のお湯を、入浴時にヘソから拳一個分のところまで入れる(みぞおちの下くらいまで)
 ↓
20〜30分後、かいた汗を洗い流して退室する(入浴後は湯冷めに気をつけましょう)

このような流れで半身浴をしましょう。

お湯の温度に関しては熱すぎない丁度良い温度をそれぞれで見つけるのがベストです。

熱すぎるとのぼせてしまうので、のぼせない程度に体が芯まで温まる温度を各自で見つける必要があります。

お風呂用の温度計を用意しておくと便利です。

季節によって温度を変えても良いでしょう。

ポイントは体が冷えないようにすることですので、肩が冷えてきたらタオルを肩にかけて過ごしてください。

汗をかいていることを実感したければ、なるべく上半身を濡らさないようにするとジワジワと流れ出る汗を感じやすくなります。

半身浴で絶対に守ってほしいこと

半身浴で気をつけてほしいのが、体が熱くなりすぎて体調を崩してしまうことです。

くれぐれも熱すぎるお湯に浸かることのないようにしてください。

10分程度の入浴であれば熱めでも構いませんが、半身浴は20〜30分と長い時間入浴します。

決して無理をしないこととできれば半身浴中も常温の水やお茶などで水分補給をするということが大切です。

以下、半身浴の注意事項です。

・半身浴中は、なるべく体を冷やさないようにする
・浴槽のフタをギリギリまで閉めて熱を逃がさないようにする
・寒ければタオルを持ち込み肩にかけたり汗を拭いたりする
・ドリンクを持ち込んで水分補給をする(体を冷やさないように常温の飲み物を)
・半身浴前にコップ一杯のお水を飲んでおくとよし
・途中で体調が悪いと感じたらすぐに中断する
・湯冷めに気をつける

浴槽内で時間を持て余してしまうという場合は、スマートフォンをジップロックに入れて持ち込むと良いでしょう。

一番注意が必要なのは体調管理で、最後まで体調に気を配りながら行ってください。

湯冷めに注意

〜湯冷めを防ぐ方法〜

・入浴後、シャワーなどで足首から足先までを冷水で10秒くらい冷やす(手首から手先まででもOK)
・ボディクリームを全身に塗って体にフタをする
・入浴後すぐに体の水気を拭く
・入浴後温かい飲み物を飲む
・早めに服を着る

せっかく温めた体が冷えてしまっては意味がないので、体の芯のポカポカを保温することが重要です。

しかし、体が温まっていればいるほどたくさん汗をかくはずです。

汗がどんどん出てくるせいで体温が下がってしまうことがよくあるので汗をしっかりタオルで拭いてください。

まとめ

大体寝る1時間くらい前に半身浴を行うと自律神経がリラックスしてスムーズに眠りにつくことができます。

そして、半身浴はダイエットしやすい体質を作るのに役立ちますし、肌荒れや冷え性などでお悩みの方は習慣化させるべき入浴法です。

日常的に体の芯からリラックスすることをオススメします。

水分補給にも便利なのがすっきりフルーツ青汁です。ぜひチェックしてみてください。

>>すっきりフルーツ青汁を4ヶ月間使ってみた体験レビューをみる

すっきりフルーツ青汁

 

 

      2016/08/12

 - 痩せるための体質改善 , , ,