緩急ウォーキングって何?その効果とはいかに?

緩急ウォーキングは元々ご高齢の方向けの運動で健康増進のために行われるものです。

しかし、若くても運動を全くやったことがない人もかなり取っつきやすい運動なので、運動を始めるならまずはここからやってみましょう。

運動の習慣化ができなくて困っているという人も、まずは緩急ウォーキングから始めればバッチリです。

1日5分で終わるため、時間も手間もかかりません。

ちょっと汗ばむくらいの運動ですので、手軽さはトップクラスです。

今回は、ご高齢の方にもダイエッターの方にも重宝される緩急ウォーキングを解説します。

緩急ウォーキングとは?

緩急ウォーキングとは、早歩きと遅歩きを交互に行うウォーキングの事です。

世界一受けたい授業というテレビ番組で放映され、一時期ブームになっていました。

具体的なやり方は20秒の早歩きと10秒の遅歩きを交互に行います。

これを5分間ほど行えばOKです。

早歩きと遅歩きのペースは人それぞれ無理のない程度にするべきですが、遅歩きは人と会話して歩ける程度のスピードが良いそうです。

なんと屋内で足踏みするだけでも良いらしく、これなら毎日できそうですね。

さようなら、便秘

緩急ウォーキングに似たウォーキング法として、インターバル速歩というものがあります。

早歩きと遅歩きを3分ごとに繰り返す運動です。

若い人であればインターバル速歩をお勧めします。

体にあまり負荷をかけられない人(ご高齢の方や怪我の回復期の方)は緩急ウォーキングで十分でしょう。

習慣づけることに意味があります。

緩急ウォーキングの効果

緩急ウォーキングはご高齢の方向けで、骨を弱らせないようにする意味合いが大きいです。

年をとるにつれて家に閉じこもりきりになったり寝たきりになったりしますが、それでは骨が弱っていく一方で骨粗鬆症や骨折が起こりやすくなります。

さらに筋力低下を招くため、内臓機能も弱っていってしまうのです。

強度の強すぎる運動は体に毒ですが、緩急ウォーキングのような丁度良い運動を継続することは健康でいるために必須です。

骨を強くするためにはある程度の振動が必要です。

中年太り解消

毎日外出してある程度体を動かして元気だという方は、緩急ウォーキングは必要ないでしょう。

しかし1日5分、しかも最悪自宅でできるため今のうちに習慣化しておくことはメリットが大きいかもしれません。

普通に1時間歩くなら、緩急ウォーキングを5分間行うだけで効果が上回るそうです。

買い物に行く際などに試してみてください。

まとめ

緩急ウォーキングは非常に簡単にできる運動です。

今日運動していないな…と思った時にすぐにでもできる運動です。

ダイエット目的の人は緩急ウォーキングではなくインターバル速歩が好ましいですが、運動できない日は緩急をつけて足踏みするだけでも運動になります。

運動が習慣化できていない人にとっては、最初やり始めるにはいい運動でしょう。

もし緩急ウォーキングの効果を最大限高めて行いたい人は、三黒の美酢というサプリメントを活用してみてください。

血液サラサラ効果や筋肉の疲労を回復する効果、そしてダイエット効果が見込めます。

健康について万能なサプリですので、詳細を確認してみてください。

>>黒酢にんにく系サプリ「三黒の美酢」詳細を確認する

三黒の美酢にんにく

 

 

   

 - メタボ解消