内臓脂肪型肥満のダイエットは簡単だった!?メタボ解消マニュアル

肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型の2タイプがあります。

体の性質上、内臓脂肪型は男性が多く、皮下脂肪型は女性が多いです。

しかし、現代人は内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満を併発している場合も多く、女性といえども内臓脂肪型肥満を疑うことは必要です。

内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高血圧など生活習慣病の原因となるため、放置すると後で取り返しのつかないことになりかねません。

実はちょっとしたダイエットを行うことで内臓脂肪を落とすことは可能なのです。

内臓脂肪型肥満の定義

内臓脂肪型肥満を正確に測るためには、腹囲を輪切りにして判断するしかありません。

つまり人間ドックで行われるCT検査を受けなければ、自分が内臓脂肪型肥満かどうか分からないのです。

しかし、自宅でも測ることのできる簡易指標があります。

メジャーを用意して腹囲のサイズを測定することです。

中年太りは痩せにくい

立った状態でおへその高さの腹囲を測定します。

男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合は内臓脂肪型肥満と判断していいでしょう。

厳密にはわかりませんがお腹がぽっこり出ていて気になる人は、腹囲のサイズを測ることで内臓脂肪型肥満の可能性があるかどうかわかります。

数値をオーバーしていたら病院の診断を受けずとも、ダイエットを始めた方がいいと思われます。

内臓脂肪型肥満の解消が簡単なのは何故?

簡単に言うと、内臓脂肪はコンビニのATMのような存在です。

エネルギーが必要になったらすぐに引き出せるように貯蔵されるものと覚えてください。

つまり、二の腕や太もものようなぜい肉(皮下脂肪)よりも断然落としやすいのです。

実はほんのちょっとダイエットしただけでどんどん落ちていくのが内臓脂肪です。

メタボリックシンドローム

毎日の生活習慣の乱れが仇となって、内臓脂肪が溜まってしまっただけということですね。

心掛けのレバーをちょっとだけ「ダイエット」の方に向けることで、数ヶ月後には内臓脂肪型肥満は解消されることでしょう。

内臓脂肪は男性につきやすいと前述しましたが、男性の役割は太古の昔から肉体労働でした。

すぐにエネルギーを引き出せる体の仕組みになっていた方が都合が良かったのです。

内臓脂肪型肥満を解消する方法

内臓脂肪型肥満は別名、リンゴ型肥満と呼ばれておりお腹がリンゴのようにぽっこり出ているのが特長です。

この内臓脂肪型肥満に一番効くダイエット方法が、運動です。

運動と聞いて残念がる人もいると思いますが、ライトな運動だけでOKです。

重要なのは週に4回程度のペースで継続できる事なので、ハードな運動ではそれを叶えることはできません。

例えば、職場への行き帰りで計30分くらい歩く人は、非常にダイエットのチャンスが眠っています。

少し早足にするだけで立派なウォーキングとなるのです。

時間があるときには遠回りするなど工夫も簡単です。

運動はダイエットに効果的

 

毎日30分くらい歩いているけど一向に痩せないという人は、ダラダラ歩いているもしくはそれ以上に暴飲暴食していることが原因として挙げられます。

早歩きを意識するもしくは少食に切り替えることで、内臓脂肪型肥満を解消することは可能です。

運動する時間がない方は、食事やアルコールに気を遣う必要が出てきます。

それぞれのライフスタイルに合わせた方法をルーティン化することが重要です。

まとめ

内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪型肥満と比べてダントツに解消しやすいです。

今すぐにダイエットを始めれば、数週間後にはお腹がへこんできます。

ほんのちょっとダイエットに意識を向けて生活しただけで、「こんなにも変わるのか」と驚くことでしょう。

この機会に週に4回はウォーキングを行って内臓脂肪型肥満を解消したい、むしろ無駄な皮下脂肪まで効率的に落としたいという人は「三黒の美酢」というサプリメントを使ってみてください。

運動の30分前に飲むことで脂肪の燃焼効率を劇的に高めてくれます。

>>三黒の美酢の体脂肪燃焼効果を試してみた体験レビューをみる

三黒の美酢にんにく

 

 

   

 - メタボ解消