乳酸菌革命が効かない理由

サンミリオンという聞きなれない会社が出している乳酸菌革命ですが、果たして効果があるのでしょうか。

巷から「乳酸菌革命は効果なし・・・」という噂が聞こえてくるため、検証してみました。

乳酸菌革命を試してみた

乳酸菌革命を実際に使ってみたところ・・・

乳酸菌革命は、1粒に16種類・計500億個もの乳酸菌を詰め込んだサプリメントで腸内環境改善に役立ちます。

乳酸菌サプリメントの仕組みはご存知かと思いますが、腸内に直接乳酸菌を送り込んで善玉菌を増やす効果を持っています。

私が実際に使ってみたところ、なんと3日目で軟便が解消されました・・・。

効かないと噂があったものの実際に使ってみると確かな効果があったのです。

では、なぜ効果なしとの噂が広がってしまったのでしょうか?

効かない理由1:乳酸菌との相性

乳酸菌革命は、1粒に16種類もの乳酸菌が配合されており、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌と日本でも知名度のある乳酸菌も配合されています。

しかも、この3つは比較的日本人の腸に馴染む乳酸菌です。

ですが、私たちには変えられない体質というものがあり乳酸菌にも相性があります。

腸内環境の悪化

どんなサプリメントでも個人差が出るのと一緒です。

つまり、日本の3大乳酸菌とその他種類の乳酸菌が配合されているのにもかかわらず、相性が合わなかったと言えます。

16種類もの乳酸菌が含まれていれば、大抵相性のいい乳酸菌が一つくらい含まれているだろうと思いますが、そうではない場合もあるということでしょう。

効かない理由2:乳酸菌のパワー不足

乳酸菌革命は、配合されている乳酸菌の種類の多さから乳酸菌初心者に好まれるサプリメントです。

しかし、自分に相性の合う乳酸菌が特定できればその乳酸菌だけが含まれたサプリメントを飲み続ければ良いわけです。

乳酸菌革命耐酸性カプセル

配合されている乳酸菌の種類が多いということは、その分パワーが分散してしまうため効力が落ちることが考えられます。

つまり、症状がひどい場合は治るペースが遅くなってしまうでしょう。

自分に相性の合う乳酸菌をすでに見つけているという方は、わざわざ乳酸菌革命を飲む必要はないということです。

効かない理由3:飲み方が悪い

乳酸菌革命は、耐酸性カプセルに包まれており胃酸に負けない作りになっています。

これは腸により多くの生きた乳酸菌を届けるためであり、非常によく考えられたものです。

それでも念を入れて胃酸が薄まっている"食後"に飲むことが推奨されますが、それを無視して胃酸の強い時に飲めば効果が薄まる可能性も否定できないのです。

強い胃を作る

自律神経の乱れで胃酸が過剰分泌してしまっている人もいるわけで、そこを一律に考えられるほど単純でないのが人間です。

胃酸の強弱は自分では簡単にコントロールできない問題ですので、飲み方をキチンと考えることが重要になってきます。

まとめ

実は乳酸菌革命のリピート率は、85.7%と非常に高いです。

8〜9割のユーザーが効果を実感して毎月購入しているということになります。

悪い噂はすぐに広まりますが、乳酸菌革命が効かないという噂は真実ではないのかもしれません。

口をふさぐ

もちろん人によっては、効かないケースもあります。

しかし、万人が効かないのであれば高いリピート率を維持することはできません。

含まれている乳酸菌の種類の多さから、比較的幅広いユーザーに好まれています。

もう少しだけ乳酸菌革命のことを知って、使用するかしないか検討してみてください。

>>乳酸菌革命を実際に2ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

 

 

   

 - 乳酸菌革命特集