インターバル速歩をわかりやすく解説!その効果とは?

インターバル速歩はテレビで知名度を獲得したウォーキング方法です。

本も出版されているため続々と始める人が多くなっています。

ウォーキングとしてとても効率が良いため、今回インターバル速歩をマスターして早速始めてみてください。

インターバル速歩とは?

インターバル速歩とは、早歩きと遅歩きを交互に繰り返すウォーキングの事です。

本当は早歩きを延々と続ける事ができれば効果は高いのですが、それでは体力が持ちません。

早歩きと遅歩きを交互に行うことで体を疲労させずに効果的なウォーキングを行うことができます。

中年太り解消

ダラダラと普通に歩くよりも、ダイエット効果や筋力がつきやすくなる効果があります。

さらに高血圧改善や血糖値を下げる効果があるため、健康増進に効果的です。

インターバル速歩の詳しい方法

早歩きと遅歩きを3分ごとに切り替えながら歩きます。

早歩きは徐々に心臓がバクバクしてくる速度、遅歩きはゆったり歩くことのできる速度です。

一定の速度でゆったり歩く散歩よりも心臓が活発に動き、体が熱くなって汗が出ます。

これを15〜30分継続してください。

ウォーキングで体脂肪燃焼

週に4回以上行うとベストです。

普段歩くときからインターバル速歩を意識して歩くといいでしょう。

常にせかせかと歩いていると疲れてしまうので、定期的にゆっくり歩きを入れながら歩くということです。

インターバル速歩のダイエット効果は?

インターバル速歩の実証実験では、約2週間で体重の減少が見られる人が多かったそうです。

しかし、今日からインターバル速歩を取り入れたから「たくさん食べても大丈夫」とはならないように注意しましょう。

サプリメントでも同様のケースが多く、ダイエットサプリメントを飲んでいるから食べても問題ないというのは完全に誤った発想です。

ダイエット時はダイエットに集中することも必要で、中途半端なダイエットはリバウンドを招く可能性もあります。

どうして太るの…

ダイエットの成果がしっかり見えてからであれば、ちょっと甘えてもバランスを取ることができます。

インターバル速歩を始めて1〜2週間のうちは、しっかり様子を見ながら食事内容を決めるようにしてください。

無意識のうちに食事量が多くなったり間食が多くなったりするケースが考えられます。

運動に慣れていない人は、インターバル速歩を実践する際にも自分に合ったペースを見つけることを優先とし、決して無理しないようにしましょう。

まとめ

サプリメントは持ち歩いて

インターバル速歩を簡潔に説明するなら、「効率のいいウォーキング」です。

一から十まで早歩きをしようとすると最後の方は疲れてダラダラ歩いてしまいがちになります。

インターバル速歩は早歩きと遅歩きを3分間という時間で区切ってそれを数セット行う方法です。

タイマーを使用すればメリハリと運動できますし、早歩きの間に遅歩きを挟むため疲れにくいメリットがあります。

インターバル速歩のダイエット効率をもっと高めるのに適したサプリメントがあります。

運動の30分前に飲めば脂肪の燃焼効率を劇的に高めてくれるものです。

>>脂肪燃焼効率を高めるサプリメント「三黒の美酢」詳細をみる

三黒の美酢本体

 

 

   

 - メタボ解消