小学生の子どもに安全なダイエットをさせるには?

小学生のお子さんがいる方は少なくないと思いますが、もしお子さんが肥満になってしまった場合、親であれば心配しますよね。

病気になってしまうかもしれない・・・。

大人になっても太ったままかもしれない・・・。

お子さんの将来を考えると不安になると思います。

そして、ダイエットをさせたいけれど安全にダイエットができるのかどうかも心配ですよね。

今回は、小学生つまり思春期の子どもさんが安全にダイエットする方法を解説します。

子どもにダイエットさせて平気なの?

はっきり言いますと、子どもにダイエットをさせるのは危険です。

巷で流行りのダイエットやサプリメントを使ってのダイエットはやめた方が良いです。

子ども時代に下手にダイエットすると将来太りやすい体質になると言われていますし、大人がやるような極端なダイエットをやると体調を崩してしまう恐れがあります。

無理なダイエットは病気の原因となるのです。

ホルモンバランスの乱れ

なので、子どもにはたくさん食べてもらって元気に活発に育ってほしいと考えますよね。

ダイエットしなくても成長すればスリムになるよね・・・とも考えているかもしれません。

しかし、お子さんがそのまま太り続けると間違いなく危険です。

無理なダイエットが病気につながるように、太り過ぎも病気の原因になります。

成長の過程でスマートになれば良いですが、逆に太ったまま大人になってしまうかもしれません。

食事を抜くようなハードなダイエットはお勧めしませんが、健康管理をきちんとやった上でのダイエットは今すぐに始めるべきなのです。

やるべきは健康管理

幼少期・思春期に太ると脂肪細胞が増えて一生減ることはないと言われています。

つまり、大人になってからも太りやすい体質になる可能性が高いということです。

子どもは「体型を維持しよう」「太らないようにしよう」という意識は殆どありませんので、子どもの体型維持は親の仕事ということになります。

子どもが肥満にならないようにするのは親の務めなのです。

腹痛のときは楽な体勢

それも太ってから対処するのではなく、太らないように健康管理をしてあげることが重要です。

現時点でお子さんが太り気味なのであれば、これ以上太らないようにしてあげてください。

両親ともに太りやすい体質だというのであれば、より一層気をつける必要があります。

太りやすい生活の改善

太るのには必ず理由があり、太る生活習慣を変えられずにいると太ってしまいます。

太る生活から"太りにくい生活"に変えてあげることが必要です。

子どもは基礎代謝が高く、学校の勉強で頭を使っているため、痩せるときは大人とは比べ物にならないくらいのスピードで痩せて行きます。

できれば運動も

ですので、ここでやるのはあくまでも"太りにくい生活"です。

ここで極端な"痩せやすい生活"に変えてしまうと、大人がやるような本格的なダイエットになってしまいかねませんので注意してください。

悪い生活習慣を変えれば次第に痩せて行ってくれるはずです。お子さんのパワーを信じましょう。

【太りやすい生活習慣例】

・お菓子をほぼ毎日食べる
・ジュースをほぼ毎日飲む
・野菜不足
・魚を食べない
・コンビニやスーパーのお惣菜が多い
・食事の時間が短い
・一日三食きちんと食べない
・ゲームばかりしている
・外で遊ぶことがほとんどない
・子どものことは何でも親がやってあげている(面倒くさがりである)
・夜遅くまでテレビを見ている
など

基本的に上記の内容は大人にも当てはまることであり、親が上記のような生活を少しでもしていたら同様にお子さんにも伝染します。

まずは家族会議を開いて、ご家族全員の生活習慣を考える場を儲けるべきです。

こどもダイエットのポイント

うちの子どもが太りやすい原因は、うちの家系みんなが太りやすい体質だからだと考えてはいませんか?

遺伝的な要因はもちろんあります。

しかし、遺伝的な要因は子どもが太る原因の3割程度のことであり、あとは生活習慣が大きな原因を占めているのです。

成長期のお子さんは体のバランスが安定しているわけではありませんので遺伝的要因が強く出ることも考えられますが、原因の多くは生活習慣だということには変わりありません。

以下のポイントに従って、しっかりとお子さんの生活を見てあげてください。

(1)間食の制限

お菓子やジュースは基本的に体に入れる必要のないものです。

現代ではお菓子やジュースを口にすることは当たり前になっているかもしれませんが、本来は健康によくないものですし食べる必要のないものです。

それを親がちゃんと理解した上で、お菓子やジュースを食べる量と時間を決めましょう。

宿題が終わったら食べても良いことにしたり、週に3回は食べても良いとしたり、友達と遊んだ日はお菓子は抜きとしたり、ルールを決めてください。

基本的には家にお菓子を置かないということもできるはずです。

お菓子はダイエットの大敵

お菓子を食べられず、ジュースも飲めず可愛そう・・・と感じる方もいるかもしれませんが、あればあるだけ食べてしまうのが子どもです。

家のどこかに隠しても見つけて食べてしまうのが子どもです。

今だと親がお菓子好きという家庭が多いため、親側も頑張って止める必要が出てくるかもしれません。(お子さんにだけ我慢させるのはフェアじゃないですよね)

太っているお子さんであればたくさん食べるクセがついている可能性があるため、親が先陣切ってルールを決めたりお菓子を止めたりする必要があります。

友達の家に遊びに行ったときもお菓子やジュースを出されて、そこからさらに家でも食べていることを考えると過剰だと感じるはずです。

最近では20代、30代のガンが増えています。

お菓子やジュースは太るだけではなく、体の免疫機能や内蔵を弱らせるものです。

生活習慣とは恐ろしいもので、悪いものの蓄積が命の危険にまでつながることを理解してください。

お菓子代わりにフルーツやナッツ・小魚を食べさせたり、ジュースの代わりにお茶を飲ませるという対策は非常に良いです。

(2)食事バランスに気をつかう

栄養バランスの整った食事を食べさせてあげてください。

子どもが不足しがちな野菜や魚をしっかり食べさせてあげることです。

食事のメインになる白米などの炭水化物ですが、これが日本人が太る原因ナンバー1の食べ物です。

ご飯のおかわりを子どもに勧めるのがお母さんやおばあちゃんの食卓の役割として、映画等で描写されがちですが実はNGなのです。

ダイエットにはバランスの良い食事

日本人は特に炭水化物を処理する能力が弱いため、炭水化物が体脂肪になりやすいことを覚えておいてください。

糖質制限まではしなくていいので白米は毎食ご飯茶碗一杯までにして、おかずの品目を増やしてあげたりお味噌汁を具沢山にしたりと別の代替案を用意してあげてください。

家でカレーを作ったときだけは白米を沢山食べても良しというようなルールにする等、お子さんが納得してくれるような譲歩案もあると良いですね。

ダイエットの効果が出てきたら白米のおかわりが多少増えても問題なしということにしておきましょう。

(3)食事について注意すること

上記で炭水化物の量を決めて食べ過ぎないという話をしましたが、後からお腹が空いてお菓子またはデザートを我慢できなくなるようならご飯を沢山食べたほうが良いです。

しかし、ご飯を沢山食べても結局後でお腹が空くからお菓子に手が伸びるという場合は、無限ループですのでどこかで歯止めを掛ける必要があります。

食後のデザートに関して、夕食後は毎回デザートを欠かさず食べるという家庭があるかわかりませんが、デザートは週に1回特別に・・・(今週のご褒美)という形で出すように考え方を変えたほうが良いです。

子どもの頃から太ってる

もしあなたが「ちょっとシビアすぎない?」と感じたなら、あなたご自身がお菓子・ジュース・デザートを口にすることに慣れ過ぎています。

急に「今日からお菓子抜き!」ということまではしなくて良いので、徐々に減らせるようにルールを決めて行ってください。

そして、スーパーやコンビニのお惣菜やお弁当、ファストフードも大変危険です。

私自身、中学生くらいからそのような食品を食べて育ちましたが、明らかに体調が悪くなって行きました。

今はほとんど自炊ですが、たまにコンビニのお弁当を食べたときは決まって調子が悪くなります。

お子さんの将来を考えるなら、絶対に手作りの料理を食べさせてあげてください。

糖質制限しても楽しい食卓

お子さんも直近では「外食したいよ」「ハンバーガー食べたいよ」と言いますが、将来手作りのありがたさに気づくときが来ます。

ダイエットの範疇を超えてきますが、お子さんの健康を守ってあげてください。

ダイエットに関してだと、コンビニのお弁当などには添加物や化学薬品が大量に使用されているため、痩せにくい体質になってしまいます。

手料理は時間的に厳しいという場合、ちぎりレタスのサラダでもお味噌汁でも良いので何か一品でも作ってあげてください。

(4)運動不足の解消

どの世代にも言えることですが、運動不足は絶対にNGです。

様々なゲーム機が普及している世の中ですから、家にこもった方が楽しいのはわかります。

外も遊べるところが少なくなってきていますし、危険も多いのは事実です。

ですが、外で遊ばせることで体脂肪が燃え、代謝も上がり、適度な筋力の発達につながります。

ウォーキングのコツ

屋内競技、屋外競技限らず嫌いな運動を無理矢理やらせる必要はありませんが、やってみたら面白かったということが、あなたの子ども時代にもあったはずです。

食わず嫌いをしているということですね。

部屋でゲームをするだけしか知らなければ閉じこもるのは当然ですので、色々な遊びや運動に触れてみることが重要だと思います。

運動であれば野球、サッカー、水泳、バスケ等々いろいろありますが、まずは遊びで良いのでやってみて興味を持ったら続ければOKです。

私は小学生の頃に母のすすめでバスケをやっていましたが、全然上達しませんでしたし逆にストレスになっていました。

嫌いなことを無理矢理やらせるのではなく自発的にやりたいと思えることを探させてあげることが大切です。

アイスクリームの選び方

父親とキャッチボールをしたときにどう感じたか、友達とサッカーをしたときにどう感じたか、水泳の授業で泳ぎを習っているときにどう感じたか・・・。

普段の会話でお子さんの好きなものや才能がどこにあるのかを読み取って、授業でやった水泳が楽しかったようであれば、「水泳やってみる?」とオファーを投げてみてください。

まずはお試しで1回だけ行ってみて、嫌だったらやめてもいいよと付け加えて。(ここで何から何までお試しさせようとするのはいい迷惑です。しっかりとお子さんと対話して、どんなものに興味があるのかという話から発展させると良いでしょう)

もし好きなものを見つけたようであれば全力でサポートしてあげましょう。

熱中できるものを見つけたら勝ちです。

あとは食事のサポートをしつつ痩せるのを待つだけです。

(5)基本的な生活習慣を改善する

「早寝早起き」は大事だと昔から言われている通り、子どもには早寝をさせましょう。

テレビが楽しかったり、勉強が夜遅くまで続いたりということもありますが、まずは健康な体がなければ何も楽しく感じられなくなってしまいます。

早寝早起きが出来なくても、十分な睡眠時間の確保は最優先です。

受験期などは仕方ない面もありますが、寝ることで勉強した内容が脳に定着することもあるので疎かにしてはいけないものだということは承知しておいてください。

睡眠不足だと成長ホルモンが活発に働かないため、成長が滞るどころか痩せにくい体質が作られてしまいます。

楽しくダイエット

そして、近頃ではお風呂タイムをシャワーだけで済ませるお子さんも増えてきていると聞きますが、湯船に浸かることは非常に重要です。

毎日でなくても良いので寝る1時間前には湯船で、リラックスタイムを過ごすように働きかけてください。

血行を促進し代謝をアップさせてくれますし、ナチュラルな睡眠導入剤にもなります。

【体重・体脂肪率測定のススメ】

お風呂に入る際、週に一回で良いので曜日を決めて体重計に乗るようにしましょう。体脂肪率を測定できるものが良いです。数値はしっかり記録してください。体脂肪率が標準値の範囲内に入ったら、ダイエット強度を調整してください。しかし、運動をやっている場合は筋力との兼ね合いもあるので体脂肪率が下がり過ぎなければ健康です。

まとめ

私自身、子どもの頃は肥満児でした。

歳を重ねるごとに痩せたもののお腹周りにはしつこいお肉が付きっ放しだったのです。

だから、大人になった今ダイエットに目覚めることとなりました。

現代は医療技術は発達したものの、意外な話ですが若い世代が病気に掛かりやすくなっている時代です。

肥満は病気を招くため、いち早く今回解説した内容をやってみてください。

まずは健康管理だということを忘れずに、お子さんのパワーを信じて頑張りましょう。

ダイエットに関してもう少し知識をつけたいという方は、「効率的にダイエットするために実践するべき9のルール」という記事をご覧ください。

内容は大人用なので過度なダイエットにならないよう注意しながら取り入れることだけ徹底してくださいね。

野菜不足を解消しつつダイエットさせられるのが一番いいなと思う方は、すっきりフルーツ青汁というフルーティな青汁を活用しても良いでしょう。

ジュースのようにゴクゴク飲めるダイエット青汁でたっぷりの酵素と乳酸菌が含まれています。

お子さんでも美味しく飲める青汁です。

>>すっきりフルーツ青汁を4ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

すっきりフルーツ青汁

 

 

      2016/05/11

 - メタボ解消