便秘で死亡するケースがあるのはなぜ?

便秘で亡くなるというのは信じがたい話かもしれませんが、過去に実際起こっていることです。

便とガスが腸を膨れ上がらせて心臓を圧迫し心臓麻痺で死亡してしまった少女。

死亡解剖で腸内に6.7kgもの真っ黒な便が溜まっていたという女性。

便が腸を突き破って腹腔内に漏れてしまい命の危機にさらされ緊急手術したという男性。

心臓麻痺で亡くなった少女エミリーちゃんは自閉症でトイレに行くのを嫌がったため8週間もの間便秘を抱えていました。

便秘で亡くなった方の共通点は、長い期間便秘を放置してしまったということです。

職場などで便秘なのにトイレに行くことさえ我慢しているというような方は我慢は大敵だということを覚えておいてください。

便秘で死亡してしまうケース

便秘で死亡…

基本的に命に危険が及ぶほどの便秘ですから相当ひどい状態になっていることが考えられます。

問題なのは便秘をそこまで悪化させてしまうということで、限界を超えているのにもかかわらず病院にも行かない人がいるということです。

限界まで我慢してしまうことにより大腸がパンパンになるまで膨れ上がってしまいます。

・数週間続いている便秘を我慢する
・ひどい便秘なのに医者に掛からない
・胃腸薬、下剤に頼り切りになる
・精神的なストレスを受けて便秘が続いている

以上のような状態になると便秘が治りにくく体にひどく負担をかけていることになり、悪化の一途をたどると死亡してしまう可能性が出てきます。

便秘で死亡しないために

便秘で死なないように

まず便秘症初期の場合は、なるべく胃腸薬や下剤に頼らないように治すことを心掛けてください。

やるべきは食べ物の改善と適度な運動を取り入れることです。

腸のぜん動運動が弱まっている場合は、腹筋運動を行うことも考えましょう。

胃腸薬や下剤に頼ると自力で腸のぜん動運動を行う力が弱まってしまいます。すると結果的に薬を何度も使うことで便秘になりやすい体になってしまうのです。

薬に依存してしまう場合も徐々に体が薬に慣れて効果が現れなくなるときが来ます。次にはさらに強力な薬を選ぶ羽目になるわけで悪循環にハマることになってしまうのです。

どんどん悪化するとどんな薬を使っても、浣腸をしても改善することのない便秘になってしまいます。

日常的に精神的なストレスを感じる人は便秘が悪化しやすいので注意が必要です。

数週間便秘が続き治るきざしが見えない場合は、迷わず医師に相談しましょう。

なぜ亡くなるまで便秘を放っておくのか

腸が耐えられない便秘

とても辛いはずなのに便秘を我慢してしまう人がいます。

もともと腸のぜん動運動が苦手な人もいますし、中には遺伝的なもので腸がねじれてしまっている人もいます。

もちろんそのような人たちは生まれつき便秘になりやすい体質ということです。

しかし、いくら長い間便秘と付き合ってきたという人でも自分が便秘がちであることを当たり前だと捉えてはいけないのです。

便秘になることが習慣になっているという方もいるかもしれませんが、悪化する便秘を我慢しないことです。

食事の改善や適度な運動を行い、乳酸菌などを取り入れて腸内環境を最善に保つことで便秘を治すことができた人はたくさんいます。

あきらめずに向き合うことが大切です。

すぐに便秘を解消するには?

多くの方が便秘解消を達成している善玉菌のチカラというサプリメントがあります。

まずは食事管理をできるところまでやって便秘解消を目指してほしいのですが、腸内フローラが乱れて腸内の善玉菌が異常に少ないと便秘の解消は上手くできません。

同時並行で善玉菌のチカラを使って便秘解消を目指すのが賢いやり方です。

「これが便秘解消ナンバーワンのアイテム」と口コミを寄せている方もいますので、善玉菌のチカラを是非試してみてください。

>>善玉菌のチカラを3ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

善玉菌のチカラ本体

 

 

      2016/05/25

 - 便秘解消