乳酸菌で風邪が治るの?

巷では乳酸菌は風邪に効くと話題になっています。

その噂は果たして本当かどうか、解説します。

免疫力をアップさせる

風邪を引くか引かないかは、人それぞれの免疫力によります。

免疫力が弱まっていれば風邪を引きやすくなり、免疫力が強まっていれば風邪を引きにくくなるのです。

これは風邪に限らず様々な病気に関しても、同じことが言えます。

便秘と腰痛は表裏一体

大腸や小腸には人体の約70%ほどの免疫細胞が集中しており、腸=免疫器官と言っても過言ではないのです。

乳酸菌を摂取すると大腸で免疫細胞を強化する働きをしてくれるため、免疫力を向上させることができます。

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やしてくれて整腸してくれるというイメージが強いですが、それだけではないのです。

風邪に効く乳酸菌の種類

乳酸菌には様々な種類があり、現在350種類確認されています。

相性の合う乳酸菌を摂取することが出来れば、私たちの体にとって良い影響を及ぼしてくれるのが乳酸菌というものです。

たくさんの種類がある中で特に免疫力アップに効果的な乳酸菌があります。

●ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC(クレモリス菌FC株)
●ビフィドバクテリウム・ロンガム(ビフィズス菌)
●ラクトバチルス・ブレービス亜種コアギュランス(ラブレ菌)
●ラクトバチルス・カゼイ・シロタ
●エンテロコッカス・フェカリス・EC-12
など

以上の乳酸菌が免疫力アップに特に効果的です。

何となく目にしたこと、耳にしたことのある名前が出ているのではないでしょうか・・・?

ヨーグルトやヤクルト製品に地味ながら含まれていたりしますので、スーパーで見てみると良いでしょう。

風邪を治す乳酸菌の本当のトコロ・・・

乳酸菌の摂取が風邪に効くことはご理解いただけたと思います。

しかし、乳酸菌を摂取しただけではそう簡単に風邪は治りませんし、他にも食事や睡眠に気をつける必要があることを忘れないでください。

正直なところ風邪を引いてから乳酸菌を摂取して風邪を治そうとしても、それでは遅いことがほとんどです。

風邪を引く前に事前に乳酸菌を摂取して腸の免疫機能を強化しておけば、風邪の症状が酷くならなくて済んだり治りが早くなったりします。

427175271cfe67d0cef3019200ae974d_s

風邪を引いてから乳酸菌を取り始めても、乳酸菌の効果が出現する前に風邪が治ってしまうことがほとんどでしょう。

乳酸菌は風邪の特効薬ではないため、即効性はありません。

日常的に乳酸菌を取ってはじめて、ジワジワ免疫力アップを臨めるということになります。

その認識違いをしないようにしましょう。

つまり、乳酸菌は風邪予防には効果的ですが急遽風邪を治すために使うのには不向きということです。

まとめ

乳酸菌はジワジワ効かせるものだということを覚えておいてください。

乳酸菌の専売特許であるナチュラルに便秘を改善するということであっても、即日効果があるわけではありません。

1週間から数ヶ月の期間を経て達成できるのです。

免疫力アップもそれと一緒です。

日常的に乳酸菌を取るようにしてください。

乳酸菌を日常的に取るにはサプリメントを使うことがオススメです。

上記にもあった免疫力アップに効果のある乳酸菌「クレモリス菌FC株」が配合されている善玉菌のチカラというサプリメントをぜひチェックしてみてください。

クレモリス菌FC株はカスピ海ヨーグルトに使われる乳酸菌で、あの独特の粘り気に強力なパワーが秘められています。

>>善玉菌のチカラを3ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

善玉菌のチカラ本体

 

 

      2016/05/26

 - 免疫力アップ ,