ダイエットにオススメの低GI食品一覧!糖質制限食に乗り換えよう

低GI食品を意識的に生活に取り入れることは、ダイエットにも健康にも良いことです。

同時に高GI食品を食べないようにすることも必要ですが、無理せずにできることはたくさんあります。

ダイエットにオススメな低GI食品を知ることから始めて、徐々に食生活を変えて行きましょう。

低GI食品がなぜダイエットに効果的なの?

低GI食品とは、グリセミック指数という食後に血糖値がどのくらい上がるかを食品ごとに示した数値が低いもののことです。

グリセミック指数が低ければ、血糖値が緩やかに上がるため体に負担が掛からないのです。

さらに上がった血糖値を通常まで下げる役割を持つインスリンというホルモンも過剰に分泌されることがなくなるため、インスリンの製造元であるすい臓も無駄な働きをしなくて済みます。

インスリンは肥満ホルモン

そして、インスリンが大量に分泌されると血中の糖質(ブドウ糖)を体脂肪に変換してしまうため肥満の原因となります。

インスリンを大量分泌させないような食事を取ることでダイエットに貢献し、糖尿病予防にも効果的なのです。

日常的に高GI食品を取っている方は、早いうちに低GI食品中心の生活にシフトして行きましょう。

ダイエットにオススメの低GI食品一覧

基本的に高GI食品に属しているのは、私たちが主食にしている炭水化物が多く、市販のお菓子やジュースもほぼ高GI食品です。

しかし、肉や魚、根菜以外の野菜はほとんど低GIなので安心して食べることができます。

◎炭水化物

・玄米、五穀米
・全粒粉パン
・春雨
※白米や食パンは高GI食品です

◎肉、魚類

・鶏のササミ、胸肉
・牛ヒレ
・マグロ赤身
・鮭
・イカ
※加工品も含め肉や魚はほぼ全てが低GI食品

◎野菜

・ほうれん草
・もやし
・白菜
・小松菜
・ブロッコリー
・大根
※ニンジンや芋類の根菜とトウモロコシは高GI食品

◎果物

・みかん
・プルーン
・ブルーベリー
・キウイ
・リンゴ
※果物には果糖が含まれていますが、高GI食品はスイカやパイナップルなど

低GIな生活で糖質制限はじめよう!

低GI食品を食べるためにできることはたくさんありますが、問題は主食をどうするかだと思います。

私たちの生活に白米や食パンは欠かせないものとなっているので外食だと必ずと言っていいほど白米が出てきますよね。(たまに五穀米を置いているところもありますが)

自炊なら白米を玄米に変える、食パンを全粒粉パンに変えるというようにできることはありますが費用が高くついてしまうのが現状です。

世の中が健康になるにはお金が掛かるという仕組みになっているので、主食を変えるまでに至らない方も多いでしょう。

白米は高GI食品

しかし、他にもできることはあります。

たとえば野菜を食べてから、肉と魚を食べて、最後に炭水化物を食べるという食べる順番を工夫するという方法です。

食べ順ダイエットという人気の高いダイエット方法でもあるのですが、血糖値の急上昇を抑えることができます。

食べ順を変えるだけであれば外食の際もできるはずです。

このようにできることはたくさんありますので、低GIな生活を送ることができるように考えてみてください。

まとめ

なるべく高GI食品を低GI食品に変えていきましょう。

ダイエットも進みますし、糖尿病予防にもなります。

高GI食品のものが多い糖質の代謝を促進するには、腸内細菌が鍵になっています。

乳酸菌革命というサプリメントで、腸内フローラを整えることがオススメです。

>>乳酸菌革命を2ヶ月使ってみた体験レビューをチェックする

乳酸菌革命を試してみた

 

 

      2016/07/20

 - 糖質制限ダイエット