乳酸菌革命を飲むと起こる副作用とは?

乳酸菌革命は、乳酸菌サプリメントの中でも非常に人気で85.7%のリピート率を誇ります。

それだけのリピート率であれば副作用なんてないんじゃないの?と思うかもしれませんが、購入前にしっかり確認した方が良いです。

今回は、乳酸菌革命の副作用について解説します。

実際に使用した際に副作用が出たか?

乳酸菌革命を試してみた

私は2ヶ月間だけ乳酸菌革命を使ったユーザーですが、特に副作用はありませんでした。

3日目で軟便が解消した時も腹痛が起こることなく解消できましたし、私は何も問題なく毎日飲み続けることができました。

口コミを見ると便秘解消の際も「腹痛が起こらず解消できた」という声が上がっていますので、ちゃんとした乳酸菌サプリメントで腹痛が起こることはまず無いと考えられます。

強制的にぜん動運動を起こさせるような医薬品ではなく、健康食品ですから副作用がほぼ起こらないのです。

アレルギーには注意が必要!

大豆アレルギーに注意

乳酸菌革命には、大豆が含まれておりアレルギー物質です。

大豆は乳酸菌を発酵させる際に使います。

アレルギーは副作用ではありませんが、大豆アレルギーの方は使用を控えてください。

販売元の健康いきいき倶楽部(旧サンミリオン)に問い合わせたところ、アレルゲンは大豆だけと回答をもらいました。

食品添加物は?

乳酸菌革命耐酸性カプセル

中身を覆う耐酸性カプセルに食品添加物が使われており、HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)という植物繊維由来のもの(パルプ)が使用されています。

サプリメントのカプセルやお菓子などによく使われる食品添加物です。

水分に強いハードなオブラートと考えてください。

毒性は極めて小さいですが、ゼラチンに非常に似ている性質を持っているようです。

ゼラチンアレルギーの方は、もしかしたら反応してしまう恐れがあるかもしれません。

口呼吸ストップ

しかし、販売者はゼラチン自体は含まれていないと言っていますので心配する必要はないと思われます。

気になる方は、購入を控えてください。

HPMC以外に、難消化性デキストリンという食物繊維成分が含まれていますが、これも食品添加物です。

しかし、毒性は認められていないため1日の摂取許容量は決まっていません。

とうもろこしのデンプンから作られるものです。

パテントン酸との併用で吹き出物が悪化

あまり知られていないかもしれませんが、パテントン酸というビタミンB5のサプリメントが売られています。

実はこのパテントン酸、肌荒れやニキビに効果ありと触れ込みがあるものです。

なので、美容に興味のある方は乳酸菌革命とパテントン酸を併用しようと考える方がいるかもしれません。

しかし、サプリメント口コミサイトの"@cosme(アットコスメ)"で「乳酸菌革命とパテントン酸を併用したら吹き出物が悪化した・・・」というレビューが上がっています。

念のために併用しないようにするのが賢明なのですが、パテントン酸は納豆や卵、鶏肉、イクラなどに含まれているもので知らないうちに摂取してしまっているかもしれません。

卵にパテントン酸

私も納豆、卵、鶏肉あたりはよく食べますが、乳酸菌革命を使用中に肌に異常が起こったことはありません。

あまり神経質になる必要はないと思います。

ただ、乳酸菌革命とパテントン酸のサプリメントを敢えて併用する必要はないでしょう。

まとめ

乳酸菌自体に副作用はないものの大豆アレルギーには要注意です。

サプリメントを摂取する際にアレルギー物質が入っていると効果が出るどころか、マイナスになってしまいます。

サプリメント購入前には必ずアレルギー物質を確認する必要があるのです。

しかし、アレルギーは大丈夫だよという方は、乳酸菌革命をしっかり飲み続けて腸内環境改善に努めましょう。

>>乳酸菌革命を2ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

乳酸菌革命定期コース

 

 

   

 - 乳酸菌革命特集