温泉で美肌を作る3つの心得

 

【温泉で美肌を作る3つの心得】

世界でも稀に見ぬ温泉大国ニッポン。
温泉には美容・健康・リラックスなど様々な効果をもたらしてくれます。

多くの温泉には美肌を作る有効な成分が含まれています。
これらの泉質を理解した後に美肌を作る10の心得を守ってください。
そうする事により美肌効果は何倍にもなるので必見ですよ。

 

温泉で何故美肌になれるのか

温泉に入るとなぜ美肌になれるのか?その理由をキチンと理解しましょう。

〇温泉による温め効果
〇肌が活性化する事によるデトックス効果
〇そして、何よりお肌を美しくしてくれる成分を含んでいる事

次の項では各泉質による美肌効果について書いてみます。

 

温泉の泉質効果と美肌効果

温泉と言っても色んな種類があります。
代表的な下記の9つの温泉についての美肌効果について書いておきます。
参考にして下さい。

①単純温泉:お肌に優しいマイルドな温泉。

「単純温泉」とは成分が単純な温泉ではありません。
含有成分の合計が一定の量に達していないだけで、いろんな系統の温泉があり、一番多い泉質です。
泉質は刺激が少なく、マイルドな温泉です。
気分転換やのんびり温泉旅行に合っています。

②塩化温泉:乾燥肌、冷え性、そして何と言ってもカロリー消費にオススメ

主成分が塩分な為、しっとりとして良く温まります。
入浴すると塩分が肌表面に付着する事により、保温効果があり肌の乾燥や汗の蒸発を防いでくれる泉質になります。
よって、多くの人が悩んでいる乾燥肌や冷え性に効く温泉と言われています。
また、この泉質の特徴として湯上り後も暖かさが持続します。
これにより、エネルギーの消費する時間も長くなり、カロリー消費も他の泉質に比べて多くなります。

③炭酸水素塩泉:なめらかな美容液の様な温泉

主に、重曹泉と呼ばれる泉質には古い角質を柔らかくする効能があります。
そして、皮脂を乳化させて汚れを落とす石鹸の様な役割をします。
温泉から上がった後に肌がすべすべするので「美肌の湯」と呼ばれています。

④硫酸塩泉:ハリ・潤いの肌、アンチエイジングを目指す人向けの泉質

ナトリウム-硫化塩泉はお肌に水分を運びコラーゲン生成のサポートが期待できる泉質です。
潤い補給や美肌力をアップしてくれる「アンチエイジングの湯」とも言われています。

⑤二酸化炭素泉:むくみ解消、血行促進でデトックスにオススメ

入浴すると全身に炭酸の泡が付くのが特徴です。
炭酸ガスには血行促進の効果があります。
また、リンパの流れも促進されるので、むくみの解消や老廃物排出の効果も期待できる泉質です。

⑥含鉄泉:元気ハツラツな泉質

鉄分を含んでいる泉質ですので、温泉が空気に触れる事により赤褐色に変化していきます。
鉄分はハツラツな美肌を作る為には必要な成分です。
効能としては、貧血症や疲れが取れない人にオススメの温泉です。

⑦硫黄泉:ゆで卵の様な匂いのする温泉

硫黄には解毒・殺菌作用があり慢性皮膚病の療養にも活用されています。
また、硫化水素ガスには毛細血管拡張作用もある為、血液の流れも改善されます。
この代謝促進作用により、便秘解消・デトックス効果もあると言われています。

⑧酸性泉:肌をリフトアップしてくれる強い作用の泉質

酸性度の高いお湯で刺激が強く、肌の弱い人は湯ただれを興す可能性があります。
しかし、この泉質には殺菌・解毒作用があり慢性皮膚病の療養に活用されています。
また近年、お肌を引き締める泉質と言われ、肌のキメを整えたり肌のリフトアップも期待されています。

⑨放射能泉:体のバランスを良くしてくれる泉質

放射能と言うと体に悪いと言うイメージがありますが、温泉に含まれる「ラドン」は身体に悪い心配はありません。
体に悪いどころかむしろ、子宝の湯と呼ばれる名湯が多く自律神経のバランスを整えてくれると言われています。

 

温泉で美肌を作る3つのコツ

①温泉に徐々に体を慣れさせる

多くの人は、温泉にいきなり首の下まで浸かる様に入る人が多いです。
これよりも、最初は半身浴からスタートして徐々に浸かっていくのが体に負担の掛らない入浴の仕方です。
また、入浴前にはメークもオフにしておくと温泉の成分が肌に沁み込みやすくなるのでオススメです。

②上がり湯はさっと済ませる

せっかく肌に付いた温泉の成分があがる時にしっかりシャワーをしてしまっては台無しになってしまいます。
また、しっかり温泉の成分を肌に沁み込ませる為には、ある程度の時間の入浴が必要になります。
その時にはタオルを水でしぼり、そのタオルを頭の上に乗せるとのぼせてしまうのを防止してくれます。
頭の上に乗せるのが恥ずかしい私は水に濡らしたタオルで何回か顔を拭くようにして対応しています。

③休憩と水分補給は十分に

長時間温泉に入って体力も消耗していますし水分も消耗しています。
入浴後は水分を摂りゆっくり休むのが良いでしょう。
なお、入浴前の水分補給も忘れずに行いたいものです。

これらの事に注意して入浴すれば温泉の効果をいかんなく発揮できるでしょう。

 

まとめ

この記事を書いていて思いましたが、私はやっぱり温泉が大好きです。
大好きだから見える事があるのですが、多くの人は間違った入浴方法をしています。

考え方としては、ゆっくり肌に温泉成分を沁みこませる。
沁みこませた温泉成分をそのままキープを心掛ける。
入浴後はゆっくり休むなど体力回復を心掛ける。

要領さえ得たら全部を覚えなくても出来そうですよね。
それでは、美肌な温泉生活を楽しんで下さい。

 

 

   

 - 女子の悩み解決