お腹の肉が腹筋で落ちないたった1つの理由

腹筋ではお腹の脂肪が落ちないというのは有名な話ですよね。

では、なぜ腹筋でお腹をすっきりさせることができないのか解説して行きます。

腹筋は脂肪燃焼のための運動ではない

私たち人間は、日々食べたものを脂肪として蓄積しています。

それは動物的な理由で、もし食べ物が食べられなくなったときにエネルギーを体脂肪を燃焼させて補う必要があるからです。

しかし、必要以上に体脂肪を溜め込むとメタボリックシンドロームや重い病気の原因になります。

たるんだお腹ではカッコイイ体型とは言えませんし、着られる服も限られてきます。

アイスクリームは太る?

そこで毎日腹筋をやってもなかなか脂肪が落ちてこない。

基本的に筋肉を鍛えることと体脂肪を減らすことは全く別の領域だということを押さえてください。

あのモデルさんはくびれを作るために毎日腹筋をやっていると言っていたけど・・・と思うかもしれませんが、くびれを作っているのは筋肉であり体脂肪ではないのです。

ぽっこりお腹の人にくびれができないのは筋肉の上から厚い脂肪が覆い被さっているためで、キレイなくびれラインを作るために腹筋をしても内側の筋肉が鍛えられるだけです。

腹筋はダイエットにおいて無駄ではありませんが、まずは減量に適した他の方法に取り組むべきなのです。

腹筋をするメリットは?

腹筋をするだけでは、お腹の脂肪は落ちません。

かなりハードに腹筋運動をすればもしかしたら効果が出てくるかもしれませんが、それを継続的に行うのは現実的ではないですよね。

しかし、体の機能を高めることはダイエットにも効果があります。それは腹筋も同様です。

◎腹筋をするメリット

・体脂肪が燃えやすい体質になる
・姿勢が良くなる
・内蔵を正常に働かせる
・内蔵を支えるための筋肉がつく
・ウエストラインがキレイになる
・成長ホルモンが分泌される

上記メリットを見ると腹筋はダイエットに関して全く意味のないものではないことがわかります。

体脂肪を直接的に燃やすことは出来ませんが、ダイエットを補強するために大切なことなのです。

内蔵は加齢と共に下がりぽっこりお腹の原因になることがるため内蔵を支える筋肉を鍛えることはダイエットするにしても大変有意義なことでしょう。

腹筋以外でやるなら何をやればいいの?

私としては、できればダイエットと並行して腹筋運動を行って欲しいと考えています。

しかし、まずは大目標であるダイエットを成功させなければ横っ腹にくびれを作ることができません。

腹筋を無理にやることでダイエット自体を挫折しては意味がありませんよね。

ダイエットでまずやるべきは、有名ですが"有酸素運動"です。

有酸素運動とは長時間筋肉に低レベルの刺激を与え続けるという運動のことで、ウォーキングやランニング、水泳等がそれに当たります。

有酸素運動で痩せる

有酸素運動を継続することでジワジワと体脂肪が燃焼されて行くのです。

腹筋、腕立て等の筋トレは無酸素運動という部類に入るため、筋肉に直接強度の刺激を与えるもので体脂肪燃焼には適さないのです。

もし室内でできる運動でダイエットしたいという場合は、水泳やダンスのような連続的に体を動かす運動を行いましょう。

そして、スクワットは無酸素運動ですが比較的有酸素運動に近い運動であるため非常にオススメです。

しかもスクワットで鍛えられる太ももの筋肉は全筋肉の中で一番大きな筋肉なので代謝を高めるのには抜群に良いでしょう。

◎体脂肪燃焼に適した運動

・有酸素運動
・無酸素運動であればスクワット

まとめ

そもそも腹筋は体脂肪燃焼のための運動ではないということがお分かりいただけましたでしょうか。

私たちに必要なのは集中することでまずは長年溜めた皮下脂肪をがっつり落とすということです。

まずは有酸素運動を行いつつ減量を成功させてください。

少し余裕がある方は、有酸素運動と腹筋を組み合わせるとキレイに痩せて行きます。しかし、無理はしないでください。

もし運動を通して痩せたいという方は、ぜひ三黒の美酢をチェックしてみてください。

>>三黒の美酢を1ヶ月間使ってみた体験レビューをみる

三黒の美酢にんにく

 

 

      2016/08/12

 - メタボ解消 ,