お腹をへこますには腹筋しないとダメなの?

ぽっこりお腹をへませたいと願っている方は、男女ともにたくさんいらっしゃるかと思います。

今まで着ていた服が着られなくなったり、お風呂に入るときに前へ突き出たお腹を見るとその度に嫌気がさしますよね。

お腹周りのお肉はしつこく、私自身ダイエットを続けてもなかなか落ちない部位だと実感しています。

お腹をへこますなら腹筋が効きそうですが、実際のところ腹筋をやればお腹はへこんでくれるのでしょうか。

なぜお腹周りの脂肪は取れにくいの?

私も痩せる以前はお腹周りのお肉がギュッとつまめるほどありました。

体脂肪にも種類があり、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。

手でつかめる皮膚のすぐ下にある脂肪が皮下脂肪、手ではつかめない筋肉のまた内側にあるのが内臓脂肪です。

基本的にはこの2種類の体脂肪を燃焼させるために行うのがダイエットというものです。

ポッコリお腹

しかし、ダイエットをしても脂肪が燃焼される順番があり、まずは目では確認できない内臓脂肪が燃焼されます。

その次に皮下脂肪が燃焼されます。

多くのダイエッターは手でつかめるお肉が全然落ちないということでダイエットをあきらめますが、実はどっぷり溜まっている内臓脂肪から先に燃焼されて行くのです。

皮下脂肪は内臓脂肪よりも代謝されにくい性質があるため、お腹周りのお肉は取れにくいということになります。

お腹の脂肪を落とすためには・・・

私たちにとっては迷惑な話で目に見えない内臓脂肪から痩せて行くため、ダイエットしているのに全然痩せない・・・と錯覚してしまうのです。

もう少し根気強くダイエットと向き合えば皮下脂肪を落とすフェーズに移って行きます。

ベジ子さん

多くのメタボサラリーマンは比較的すぐに燃焼することができる内臓脂肪を長い時間放置しているため病気になってしまうのです。

確実に脂肪を減少させるには、有酸素運動を適度に行いつつ食事制限を行うことです。

体に合うサプリメントを使いながらダイエットしても良いでしょう。

腹筋をすればお腹はへこむ?

お腹周りの皮下脂肪を燃やすには腹筋をして直接お腹を刺激するのが良さそうに思いますが、腹筋を行ってもお腹周りの脂肪を燃やすことはできません。

腹筋等の無酸素運動はあくまでも筋肉を鍛えるためであり直接体脂肪を燃焼する効果はないのです。

直接体脂肪を燃やしたいなら、前述の通りウォーキングやランニング等の有酸素運動を行うのが適しています。

ウォーキングで体脂肪燃焼

しかし、筋トレを行うことで痩せやすい体質を作ることができるためダイエットと同時並行で腹筋ができると良いでしょう。

そして、ぽっこりお腹の原因が体脂肪ではなく内蔵下垂(内蔵が下がること)によるものである可能性があるため、ダイエットでは改善できないかもしれません。

そのときは腹筋を習慣化して内蔵を支える筋肉を強化する必要があります。

◎内蔵下垂簡単チェック

(1)両手をお尻に添えて立つ
(2)そのままの姿勢でかかとが床から離れないようにしてしゃがむ

※これが出来なければ内蔵下垂の疑いがあるそうです。しかし、幼少期からしゃがむときにかかとが床から離れる方は先天的な骨格の問題が大きいでしょう。ですのでどうしても内蔵下垂が気になる方は、医師に掛かることをお勧めします。

加齢と共に筋力が弱まれば誰でも内蔵は下がって来てしまいます。

だからと言って安全ではなくまれに重篤な症状が出る危険性があるので十分気をつけてください。

まとめ

ぽっこりお腹の原因が何であれ「腹筋はやった方が良い」というのが私の見解です。

年齢をかさねれば内蔵が下がってくるのと同時に脂肪が溜まりやすくなります。

くびれを作ってスタイルを良くするのにも腹筋は重要です。

1日10回からでも良いのでお試しで続けてみてください。

そして、運動で痩せるならアミノ酸を活用したダイエットがオススメです。

三黒の美酢を飲めば運動前にアミノ酸をたくさん摂取できます。

>>三黒の美酢を1ヶ月間使ってみた体験レビューをみる

三黒の美酢にんにく

 

 

      2016/08/12

 - メタボ解消 ,