効率よく内臓脂肪を落とす具体的な手法

内臓脂肪が溜まると糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病に陥りやすい状態となります。

この状態がまさにメタボリックシンドロームというものです。

メタボリックシンドロームは40代以上の男性だと2人に1人、女性だと5人に1人いると言われており将来心筋梗塞や脳梗塞になる可能性さえあります。

その根源が内臓脂肪ですから徹底的に内臓脂肪を落とす必要があります。

今回は、内臓脂肪の効率的で具体的な落とし方を解説します。

生活習慣病をもたらす内臓脂肪とは一体何なのか?

内臓脂肪とは、簡単に言うと腹筋の内側につく体脂肪のことです。

逆に皮下脂肪と呼ばれるものは腹筋の外側につくため手でギュッと掴むことができます。

内臓脂肪は腹筋の内側についているため手で掴むことができませんし、イメージとしては内蔵にベッタリとこびり付くようについてしまいます。

皮下脂肪は体を守るためにつくので落としすぎなくても健康上は問題は少ないですが、内臓脂肪の場合つきすぎると健康に多大な被害をもたらします。

メタボリックシンドローム

実は内臓脂肪は体にエネルギーとして使われやすいため、皮下脂肪と比べると燃焼しやすい性質があります。

しかし、逆に溜め込みやすい性質も持っているのです。

なので、必要以上に食事を取っていたり運動不足だとドッサリ内臓脂肪が溜まってしまうのです。

特に男性は、筋肉量の関係上女性よりもエネルギーを溜め込んでおく必要があるため、内臓脂肪がつきやすくなっています。

さらに現代はカロリーの多い食べ物がたくさん溢れていますので、内臓脂肪がつきやすい時代だと言えます。

いち早く生活習慣病予防を始めなければいけません。

内臓脂肪を落とすには?

メタボの状態を楽観視して放っておくと、確実に病気になってしまいます。

メタボ脱却に向けて今すぐに手を打つために、内臓脂肪のダイエットを始めてください。

まずは食事改善、次に運動です。

何もしなければ内臓脂肪はどんどん溜まり状況は悪化して行くだけです。

a.食事編

食事が私たちの体を作っていると言っても過言ではありませんので、食事改善は絶対に行ってください。

栄養バランスの取れた食事に改善するのと糖質制限を行って減量を図ります。

糖質制限を行う際に食物繊維やタンパク質を取る必要があるため、栄養バランスの取れた食事は必須です。

ネット上では、糖質制限は肉をいくらでも食べられるダイエット方法といった話が出回っていますが、あくまでも栄養バランスを取ることを忘れないでください。

肉の食べ過ぎは町内の悪玉菌増力、血管内の悪玉コレステロール増加につながり結局は大病を患うことになります。

メタボは病気

単純に便秘を回避して減量するためにも栄養バランスは必須なのです。

そして、腹八分目より食べないようにしてください。

食事改善ダイエットと相性の合う方であれば、以上の内容だけで体脂肪を落とすことができます。

曜日ごとに食事の献立を決めてしまうと非常に楽にメタボ脱却を目指せるでしょう。

糖質制限に関して注意点があるので、「糖質を減らせば激痩せできるの?」という記事をご覧ください。 

b.運動編

健康診断でメタボリックシンドロームだと診断された方は、食事改善だけでなく運動を必ずやりましょう。

何年も運動なんてやってないよ・・・、面倒臭いよ・・・と感じるかもしれませんが軽めの運動で良いので絶対にやってください。

例えば、週に4回以上のウォーキングです。

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は脂肪燃焼に有効な運動で、ポイントは30分以上運動を継続させることです。

メタボ対策しましょう

自転車をお持ちの方は、自転車で通勤するなど積極的に体を動かすようにしてください。

自転車は膝に負担が掛かりにくく疲れにくい上に、消費カロリーは高いです。

余裕がある方は、背筋やスクワット等の無酸素運動(筋トレ)も行いましょう。

背筋は背中にある褐色脂肪細胞(体脂肪燃焼効果のある筋肉と脂肪の中間にあたる細胞)を活性化させることができると言われており、スクワットは有酸素運動にもなる運動です。

ちなみに、有酸素運動前に筋トレをすると体脂肪の燃焼を促進するためオススメです。

運動をやるぞという方は、「メタボを解消するためのオススメ有酸素運動5選」という記事も合わせてお読みいただけると幸いです。

c.日常生活編

メタボが進行すると病気に

日常生活は、規則正しいと思われるありとあらゆることをやってください。

タバコとお酒を控え、睡眠をしっかり取るようにします。

生活リズムを整えて、ホルモンバランスが乱れないように意識を向けるのです。

そして、精神衛生も重要ですのでストレスのかからない生活またはストレス解消のできる環境に身を置くようにしましょう。

内臓脂肪を攻略!

メタボは糖質制限を

今回の内容を現状が回復するまで継続してください。そしたら必ず光が見えてきます。

そして、前述の通り内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく溜まりやすい体脂肪です。

内臓脂肪の燃焼に成功しても再度メタボを発症してしまう可能性もあるため、自分自身の体のメンテナンスは怠らないようにしましょう。

あきらめないということを肝に銘じて取り組んでみてください。

さらに現状改善をスピーディにしたいという場合、三黒の美酢というサプリメントが役立ちます。

体内で生成できない必須アミノ酸を"黒酢もろみ"と"黒にんにく"から豊富に摂取して、体脂肪燃焼を加速させるサプリメントです。

>>三黒の美酢を1ヶ月間試してみた詳細レビューをみる

三黒の美酢本体

 

 

      2016/06/05

 - メタボ解消 ,