なぜカロリー制限しても痩せないの?

カロリー制限ダイエットとは、食べたカロリーと体が燃焼したカロリーを比べたときに燃焼したカロリーのほうが多い場合に成立するダイエットです。

カロリーという概念は、新しいものではないため昔からあるダイエット法と言っても良いはずなのですが、カロリー制限では痩せないという方が結構います。

やり方を間違えなければ成果が出ないことはほぼ無いように感じますが、なぜカロリー制限をしても痩せることができないのでしょうか。

今回はカロリー制限しているのになぜ結果が出ないのか、その原因を探って行きます。

ⅰ.消費カロリーが低い

そもそも普段の生活で体が燃焼するカロリーが低かったらどうでしょう。

燃焼するカロリー(消費カロリー)が低いと食事に気を使っても、まだ足りない可能性があるのです。

下手に食事を減らしすぎると満腹感が得られないため、その反動で食欲が増すリスクもあります。

そうなればダイエットどころではありません。

即リバウンドです。

日常生活内での消費カロリーを決めるのは基礎代謝量ですが、そこに運動をプラスすると当然消費カロリーをアップできます。

ウォーキングで体脂肪燃焼

茶碗一杯分のご飯のカロリー(盛り方にもよりますが約235kcal)を消費するためには、ウォーキングを1時間またはランニングを40〜50分ほどやる必要があり、意外と大変です。

ですが微々たるものでも週に4回程度やるだけで1000kcal程度は消費することができます。

それを考えると食事制限だけで痩せることができない場合は、運動も取り入れるべきです。

基礎代謝量をアップさせるために筋トレや頭を使うようなことを始めるのも良いでしょう。

ⅱ.摂取カロリーを減らし過ぎている

徹底的なカロリー制限をやろうとして、摂取カロリーを減らしすぎてはいないでしょうか。

消費カロリー以上に摂取カロリーを抑えることで痩せることはできますが、やり過ぎは禁物です。

摂取カロリーを抑えすぎると今度は体が飢餓状態になり、脂肪を溜め込みやすいモードになってしまいます。

すると、いくら代謝が高くても、いくら運動をしても消費カロリーが頭打ちになるという現象が起こるのです。

夜食は食べない

ホメオスタシスという生理的な現象のため、必ず起こってしまいます。

「エネルギーが新たに補給されないなら体に溜まっているエネルギーを上手に使うしかない、節約しよう!」ということで体脂肪の燃焼効率が起こると言えば、わかりやすいでしょうか。

気合いを入れてカロリーを控えると停滞期が来るよということです。

ⅲ.カロリー制限は長続きしない

食べることが大好きな方にとっては、高カロリーのものを制限すること自体が苦痛になります。

そして、カロリーをいちいち計算するのが億劫だという方もいるでしょう。

つまり、カロリー制限ダイエットに取り組むとしたら結構な労力が必要になるのです。

ダイエットは続けることが重要

労力だけなら良いですが、それに伴ってストレスが掛かります。

「コツコツこまめにやるのが好き」という方には合っているかもしれませんが、そうでなければ徐々に手を抜きたい感情が湧き上がってくるのがカロリー制限ダイエットです。

計算するのが面倒臭い・耐える力がないという方は、別のダイエットに切り替えることが一番の解決策になります。

まとめ

カロリー制限を熱心にやっていて成果が出ないのであれば、「カロリーを減らしすぎていないか?」もしくは「消費カロリーは少なくないか?」を考えてください。

カロリーを減らしすぎている場合は、食事を元に戻してホメオスタシスが解除されるまで待つ必要があります。

消費カロリーが少ないという方は、やはり王道の運動がオススメです。

三黒の美酢というアミノ酸サプリメントを活用すれば、有酸素運動の脂肪燃焼効率をグンと高めてくれます。

アミノ酸はアスリートも活用している栄養素ですので、この機会に目を向けてみてください。

>>三黒の美酢を1ヶ月間使ってみた効果の体験レビューをみる

三黒の美酢にんにく

 

 

      2016/07/18

 - メタボ解消