なぜ冬は太りやすいの?

 
【なぜ冬は太りやすいの?】
 
多くの人が冬を太りやすい季節だと感じていて、実際に太ってしまう人も多いと思います。
 
正月太りと言いますから、年末年始にたくさん食べてだらだらしてという生活になってしまうのは誰でも身に覚えがあるでしょう。
 
冬の一番のネックは寒さですよね。体を動かしたくなくなりますし、あまり身動きをせずに温まっていたいという気持ちが強くなるはずです。
 
◎冬が太りやすいと感じる理由
・クリスマスやお正月、新年会など食べ飲みのイベントが多い
・外出や運動の機会が減る
・室内が暖房で暖かいため基礎代謝が働きにくい
 
北海道や東北では常に雪が積もっていますから、屋外で安易にウォーキングやランニングはできません。
 
必然的に運動や外出の機会が減ってしまいます。
 
たくさん食べて飲んでする割には、体を動かさないことが多い季節であるため冬は太りやすいという認識が広まっているのです。
 
しかし、実は冬は太りやすい季節だという認識は誤りなのです。
 
 
 

実は冬は太りにくい!?

冬は太りにくい?
 
実際のところ冬が太りやすいと感じるのは、上記のように食べたり飲んだりする機会が多く、屋内で温々とする機会が多いということが考えられます。
 
そもそも冬は気温が低いため体温が下がらないように代謝は活発になるのです。
 
冬は夏よりもエネルギー消費量(体脂肪の燃焼)が格段に高まることが考えられます。
 
日常生活を普通に送っているだけで脂肪を燃やしやすい季節なのです。
 
しかし、寒さで体を動かしたくないと思う時期なので気を引き締めないと脂肪が蓄積して太ってしまいます。
 
以下は冬のダイエットに気をつけたいポイントです。
 
・朝食を食べて一日の基礎代謝を高く保つ
・体を動かすことを忘れない
・ストレッチやマッサージで血流を良くする
・なるべく薄着をする(風邪を引かない程度に)
・暖房やコタツを使いすぎない
・夜はしっかり入浴して体を温める
 
適度な寒さは代謝を働かせるために必要なのですが体を冷やし過るのは良くないため、温かいドリンクを適度に飲みつつ一日を過ごすと良いと思います。
 
しょうが紅茶で温まろう
 
もちろんブランケットを羽織って温々としているばかりでなく、体を動かして代謝を働かせることが大切です。
  
体を外から温め過ぎると代謝が働かないという理由でなるべく薄着をしたり暖房やコタツを使いすぎないという項目も入れましたが、風邪を引かない程度にしましょうね。
 
基礎代謝の低い人はそもそもの体温が低いため、秋の終わりから冬に向かって徐々に代謝を高めて行くことが重要だと思います。
 
 
 

まとめ:冬は体質の変えどき。

体を冷やしすぎないように
 
冬に太りやすいと感じるのは、安静な生活を送る割にはたくさん食べて蓄える量が多くなることが原因だということが分かっていただけたと思います。
 
私たちは冬眠するわけではないため毎日活動的に動くことでエネルギー消費量をどんどん高めることが大切です。
 
上述の通り、冬は基礎代謝量を高めるのに適している季節ですので体脂肪を燃焼させるのにも適しています。
 
冬に思い切って基礎代謝量の向上に励むかどうかで、次の春からのボディが変わってくるのです。
 
クリスマスやお正月などの特別なイベントがあるので「今日くらいはいいよね」という緩んだ気持ちになりがちですが、しっかりと乗り越えて食事制限をしたり運動をすれば徐々に減量することができます。
 
気をつけてほしいのは、体を冷やしすぎないということ。それだけです。
 
運動後の汗で体が冷えることもありますので、運動する際は運動後の服装や温かいドリンクを飲むなど考えましょう。
 
夜に入浴したりストレッチしたりするなど、毎日のケアをすることも大切です。 
 
体質を変えるならそのサポーターとして、すっきりフルーツ青汁がオススメです。
 
フルーティな青汁で非常に続けやすく、内側から体質改善を行って痩せやすい体づくりをしてくれます。
 
 
 
 

      2016/05/04

 - メタボ解消, 痩せるための体質改善