ヨーグルトを食べても便秘に効かないって本当?

便秘に効く食べ物として真っ先に思いつくのがヨーグルトだという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ヨーグルトをいくら食べても便秘が解消されなかったという方が多いのも事実です。

今回はヨーグルトの便秘解消効果について解説します。

ヨーグルトは便秘に効かない?

ヨーグルトがなぜ便秘に効果があると言われているのかというと、乳酸菌が含まれていて腸内環境の改善に役立つ食べ物だからです。

他にもキムチや納豆などの発酵食品は乳酸菌によって発酵させるため、乳酸菌が含まれている食べ物になります。

私も以前便秘になったとき乳酸菌のサプリを試したら便秘が改善したため、ヨーグルトに乳酸菌が含まれている以上まったく効果がないというわけではありません。

ヨーグルトは完全健康食

しかし、市販のヨーグルトに含まれている乳酸菌は胃酸で死滅してしまうものが多く、生きた状態で腸まで届くことはないと考えて良いです。

死滅した乳酸菌でも腸内で善玉菌のエサとなるのである程度は有効ですが、便秘の原因が腸内環境の悪化によるものでなければいくら乳酸菌を取っても効かないということになってしまいます。

ヨーグルトが効かない場合

ヨーグルトが効かない場合、乳酸菌の種類が体に合っていないか、そもそも腸内環境の悪化以外に原因がある可能性が考えられます。

体に合っている乳酸菌を摂取することができれば、徐々にでも腸内の悪玉菌が減って行き善玉菌が増えてお通じが改善してもおかしくありません。

しかし、それで改善できないとなれば乳酸菌を取っただけでは改善しない便秘である可能性があります。

腹痛になる前に

たとえば過敏性腸症候群のように精神的なストレスから来る便秘であった場合、ヨーグルトを食べるだけでは効果は出ません。

ストレスが原因であればストレス回避とストレス解消を徹底的に行うなど、ありとあらゆる便秘を治す手段をどんどん試してみながら一番効果のあるものをいくつか見つけることです。

あなたの便秘がどのタイプか知りたい方は「便秘にも種類がある?それぞれの原因も解説」という記事をご参考までに。

便秘に効果のあるヨーグルトの食べ方

ヨーグルトを食べることも便秘に効く一つの手段ではあるので、手始めはヨーグルトを食べることから始めても良いと思います。

ヨーグルトを試す場合、一つのヨーグルトを1〜2週間以上食べてみて効果が出てくるかどうか確認しましょう。

少しでも効果を感じることができたらそのヨーグルトに含まれている乳酸菌は、体に合っていると言えるので継続するべきです。

ヨーグルトで便秘解消

市販のヨーグルトは、商品によって異なる種類の乳酸菌が使われているので、上述のように相性というのを考えて選びます。

私たちの腸に多くいるとされているのがビフィズス菌という乳酸菌なので、まずはビフィズス菌が含まれているヨーグルトを試すのが良いと思います。

ヨーグルトを食べるときは、オリゴ糖を一緒にかけて食べると効果的です。バナナやはちみつにもオリゴ糖が含まれているのでプレーンヨーグルトにプラスして食べると良いでしょう。

そして、栄養不足や運動不足であれば出るものも出ません。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランス良く食べて、ウォーキングや腹筋、ストレッチなどを定期的に行うとさらに出やすくなります。ヨーグルトを食べるのと一緒にやってみてください。

腹筋してダイエット・・・

ちなみに日本人には乳糖不耐症といってお腹の中で牛乳(乳糖)を分解できない人がたくさんいます。牛乳を飲むとお腹をくだしてしまうという方は、乳糖不耐症なのです。(中には牛乳アレルギーである方もいます)

牛乳を加工したものや温めれば大丈夫という方が多いですが、ヨーグルトを食べてお腹をくだしてしまうという方は無理してヨーグルトを食べる必要はありません。

便秘が悪化する可能性もありますし、下痢になってしまう可能性もあります。

乳糖不耐症の方でなくても冷たいヨーグルトを食べ過ぎると腸が冷えるため、ぜん動運動が鈍ることも考えられますので食べ過ぎには注意です。

まとめ

乳酸菌が胃や小腸を通る際に胃酸や胆汁や熱で乳酸菌が死滅してしまうのは、非常にもったいない話です。

もし生きた乳酸菌を大腸に直接届けたいという場合は、サプリメントを使うのがベストです。

善玉菌のチカラという乳酸菌サプリなら、プロバイオティクス乳酸菌という胃酸の影響を受けない乳酸菌が配合されています。

ヨーグルトを食べるよりも続けやすいので、手軽に乳酸菌生活を送りたいという場合は、善玉菌のチカラを試してみてください。

>>善玉菌のチカラを3ヶ月間使ってみた詳細レビューをみる

善玉菌のチカラ本体

 

 

      2016/08/12

 - 便秘解消 ,